DIY

2011年12月21日 (水)

落下事故2

恐れていた事が、また起こってしまいました。

階段からの、ワンコ落下。

前回はこちら →

今回は3階からではなく、2〜3階にかかる階段の半ば、

L字に折れた、その隙間から。
 

Rimg2603

3階から見た図。 右手の隙間。
 

Rimg2602

この、いい感じの隙間。
 

Rimg2599

下から見上げて、約3mってとこでしょうか。

どうも3階に上りきる手前で踏み外し、数段滑り落ちてきたところで

この隙間から転げ落ちた様子。

幸いにも、ちょうど下に置いてあったスツールの上に落ちたので、

大事には至りませんでした。

半日程はビッコ引いてましたけど・・・。
 

続きを読む "落下事故2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

ロックガーデン完成

盛夏まっ只中。

鬱蒼と茂ってきた水槽の水草をリニューアル。
 

Rimg0980

リニューアルしたのは左半分。

 

Rimg0982

例のサンプル の残りを利用して、ロックガーデンにしてみました。

M簱さん、スミマセン。 そんなつもりは無かったのですが ... 。

時期を見て、ちゃんと外構用として発注させていただきます(笑。
 

続きを読む "ロックガーデン完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

苔玉制作

近所の商店街の植木屋さんで、エバーフレッシュの苗木(?)を見っけ。

250円ならとりあえず買いでしょ。

で、思いついたのが “苔玉” 仕様。

早速、ホームセンター・コーナンで “苔” をゲット。

これは280円也〜。 (苔の方が高い!?)

Potから出した苗木の周りに新たな土を追加して団子状にし、苔で覆う。

苔は黒糸で固定。

制作途中は土団子作りで両手が塞がってましたので、完成写真のみです。
 

Rimg0820_2

時は既に夕刻、葉が閉じ始めてます。
 

Rimg0829

初めて、しかもなんとなくの直感で制作した割には、なかなか良い出来だ。

苗木 + 苔 = 530円也。

1,000円スタートでオークションします。(笑
 

続きを読む "苔玉制作"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

ロックガーデンへの道

石のサンプルをゲット。
 

Rimg0576

思い思いに育ち始めた庭草の収拾が付かなくなってきたので、

草の合間に溶岩石でも敷きつめてみようかと。

溶岩石の間から、シダやら、苔やら、なんちゃってロックガーデン。

うまくできますでしょうか。

(庭と言いながら、ただの “玄関脇” ですけどね、我が家の場合。)
  

続きを読む "ロックガーデンへの道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

落下防止ワイヤー

先日の 落下事故 以降、ワンコが3階に上るたびにビクビクするように。

これっ!勢いよく上るんじゃない!

3階でバタバタ興奮しないっ!

もちろんそんな聞き分けのいいヤツではなく、

相変わらず、ちゃかちゃかと走り回る毎日。

再度落下しないように? 日々の心労を無くすため?

早速、落下防止対策をすることに。
  

Rimg0227

はい、完了。 ワイヤーを2本張りました。

ミニマムな落下防止対策。
 

Rimg0219

階段側から見上げてみても、まぁ違和感無し。

強いて言えば、黒いワイヤーが良かったが … 残念。
 

続きを読む "落下防止ワイヤー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

リビングのチェア2・改

リビングのチェアとして購入した 無印良品のリラックスチェア(オットマン付き)。
 

Photo

このナチュラルカラーのフレームがどうも気になってまして。
先日の宣言 通り、ちょっと手を加えました。
 

Rimg1023

どうです!? ぐっと渋くなったでしょう? アジアンテイスト(!?)。

元の塗装を削り取る作業が厄介でしたが、十分な仕上りではないでしょうか。
とてもセットで1万円には見えません。のはず。笑

作業工程は、
① 紙ヤスリで表面のコーティング(塗装膜)を削り取る
② 更に目の細かい紙ヤスリで表面を整える(細かい傷を付ける)
③ 木部用塗料を刷毛で塗る
④ 乾いてから、再度、2度塗り(部分的に3度塗り)
⑤ クリアラッカーで表面保護

私みたいに激安塗料(ホームセンターのオリジナルブランドの物)を使うのではなく、オスモやリボスといった家具用にも適した塗料を使えば、よりしっとりとした雰囲気の色付きになることでしょう。たぶん。 私には同じに見えますけど。

塗装は下地処理が命です。← とある腕の良い塗装屋さんの受け売り

 

ハイセンスなデザイナーモノの家具も魅力的ですが、懐具合が不相応。
そこで、“○○風” にいくよりも、リーズナブルなモノに一手間好みのアレンジを加えてというコトも、アリではないでしょうか?
 

それにしてもこのチェア、ちょっと軽~い感じではありますが、座り心地良いですよ。
もう一つのチェアである カリモク60 の Kチェア と比較しますと、質感と雰囲気のKチェア、気軽さと快適性のリラックスチェアといったところでしょうか。

それぞれ、特徴は違いますが良いチェアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

シンボルツリー

GW 山篭りの最大の目的は、我が家の唯一の緑地(?)に植える樹木の獲得。

山に行けば、流行の樹は無いにしても、何なりと選び放題であろう!しかも、無料!
と、勝手に皮算用してましたが。

意外にグッとくるモノが見つからず。
 

さすがに全てを自然に任せて立派に育ち放題の野性の樹木に、美しい樹形を求めるのはお門違いだったようです。ってか、どれもこれも巨大過ぎて ×。

で、無難に敷地内の “もみじ” をゲットです。
野生のままの姿の写真を撮り忘れました。高さ2m程のそこそこのモノでした。
 

Rimg1020

それが、こうなりました ↑。 カットし過ぎ?

こう見ると、地味~な感じですね。 いや、これからです。これから。
完成目標は2年後ですw
  

Rimg1018

無事に根付いて、立派に育ってくれることを祈ります。

 

ところで、さら~っと流しましたが、実はここまでくるのに相当な苦労がありました。

まずは運搬。
山から剥ぎ取った樹を、根の養生をしっかりとしながら普通車で運ぶ。
この高さまで短くカットされたのは、車内に納まるサイズに合わされたから …。

そして、土壌の改良。
このスペースは当初、土間コンクリートで埋め固められる予定だった所。
工事途中で “土のままで!” と、土間を打つ寸前に変更したこともあり、薄い5cm程の厚さの真砂土の下は瓦礫と砕石で埋めつくされています。建物の地盤改良を兼ねた1.5m分の基礎の下まで瓦礫であることを確認してます …。水はけは抜群w

せめて1m分くらいは掘り返して良い土を入れようと思いましたが、瓦礫や砕石をスコップで掘り返すのがこれほど大変だとは。
結局、樹の周りの幅・高さ共に50cm程度しか改良できませんでした orz。
 

素人が思い付きでできる限界を感じながらも(笑)、樹が根付けば下草に取りかかろうと思います。瓦礫の発掘作業を思うと、二の足を踏みますが …。

どうにもできなくなれば、その時にはどなたかにお願いすることにしますw
“まずは自分でやってみよ~” の姿勢は大切です。
特にこんな家づくりの場合。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

プチDIY

ホームセンターなどで売っている押入れ用 “桐スノコ”。
軽い、安い、簡単に切れるなど、我々素人でも容易に加工ができるので、
簡易な棚を作るときなどに良く使います。

必要なのはノコギリ、木工用ボンド、ドライバー、木ネジや釘のみ。

 

ダイニングテーブル下の収納用に、1つ作ってみました。

Rimg0875

材料費は500円未満、所要時間約30分。

2枚組みの桐スノコを購入して、半分に切ったり、長さや幅を合わせて切ったり。
今回の用途としては剛性を必要としないので、接着は木工用ボンドのみ。
 

Rimg0876

これが、ダイニングテーブル下に ↑ ピッタリとはまり、
 

Rimg0877

こうなります。
 

このスペース、ヘルシアやカロリエ等の電子オーブンレンジが来ても大丈夫なようにサイズを大きめに確保していたのですが、未だ新築祝いのあてがない。笑
仕方なしに、今までの電子レンジを使っていますが、それには大き過ぎ。

求む、電子オーブンレンジ。
 

続きを読む "プチDIY"

| | コメント (4) | トラックバック (0)