須磨のガレージハウス

2012年7月 2日 (月)

須磨のガレージハウス⑦

こちらも忘れてはなりません!
 
申し訳ありません、1ヵ月ほど前の話になってしまいますが・・・。
 
 
Img_0708

家づくりのメインイベントの一つ、上棟!
 
 
Img_0712

素晴らしい立地!
 
 
Img_0690

いつものポジションから。
 
 

続きを読む "須磨のガレージハウス⑦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

須磨のガレージハウス⑥

___1_3

先日の 地鎮祭 から、苦難の宅地造成工事を無事に終え、

いよいよ本体建物の基礎工事がスタートしてます。

“敷地内で車が登れるスロープ” 、 “2棟建て” の意味が

これを見ればお分かりいただけるかと。

そう、写真下部のアスファルト敷きの道路は、実は“道路”ではないのです。

この辺を詳しく説明すると 面倒 長くなるので、割愛。

あまりにも特殊な事例ですので、悪しからず。
 

海も山も目の前に感じられる素晴らしい立地での計画。

いやー、完成が楽しみです。

 

おまけ
 

___2

話題(?)の歴史的史跡が間近に。

世間では酷評されてるドラマですが、

個人的には前回のよりも楽しめてます。

近所だからですかね(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

現場巡りの1日

現場その①。

Rimg3479

RCと木との組み合わせが非常に美しい。

 

現場その②

Rimg3489

RCとスチールサッシと鉄骨階段、更にこれから左官壁が加わる。

この空間は秀逸。

 

続きを読む "現場巡りの1日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

須磨のガレージハウス④

しばらく筆無精になっておりまして、スミマセン。

何事も無く、元気にやってます。

 

さて、以前に “都会で田舎暮らし” で過去記事 をご紹介しました、

まさに駅徒歩圏内の都会の中に残る、大自然に抱かれた敷地。
 

Rimg0993

ここに計画が始まってから、約半年。

土石流だの、宅地造成だの、急傾斜崩落だの、様々な困難をくぐり抜け、
 

Rimg3265

ついに工事が始まります。
 

続きを読む "須磨のガレージハウス④"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

都会で田舎暮らし 3

先日の 続編です。

どうしても気になるこの土地。
 

Rimg0796

ココに、
 

Rimg1072

RCで、どど〜んとかっちょ良くいったったらええんでしょうがーっ(再。

土砂災害にも負けない(!?)、16san のスーパープランです。

Ultra Low cost” シリーズならぬ ………

気の利いた名が思いつきません orz。

地下2階、地上1階建ての鉄筋コンクリート造。

大型車も楽々格納できる、ガレージハウスです。

よく見ると、3階(地上1階部)が正面からは見えません。
 

続きを読む "都会で田舎暮らし 3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

都会で田舎暮らし 2

以前にご紹介した、『 都会で田舎暮らし 』 の土地。

その後、あの目障りな(?)古家が解体され、キレイな更地となりました。
 

Rimg0993

改めまして、緑溢れる静かな山深い立地。

最寄り駅から徒歩9分とは思えない。

まさに、“都会で田舎暮らし”。

土砂災害危険区域ですけど、何か?

RCで、どど~んとかっちょ良くいったったらええんでしょうがーっ。
 

続きを読む "都会で田舎暮らし 2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火)

都会で田舎暮らし

またまた発見してしまいました、至極の土地。

もとい、またまた発見してくれました、至極の土地。

発見者はもちろん、ふじふじ部長です。

いつもながら、ごく当たり前のフツーの土地には目もくれません。

今回の土地は、『 海と山と。』

最寄り駅から徒歩10分以内で、海と山に囲まれた敷地。

国道から1本入ると、そこには別世界が広がってます。
 

Rimg0801

目前に迫る新緑の木々。

実は、歴史の名舞台となった崖地です。
 

Rimg0803_2

ズームアップしてますが、敷地から望む海。

まさに目前に海と山と。

都会で田舎暮らしができちゃいます。

なんと言ってもその価格、6○○万円也〜。

ネックとなりそうな様々な諸費用を考慮しても、まだ安い。
 

続きを読む "都会で田舎暮らし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)