六甲の眺望抜群の家

2010年12月 9日 (木)

眺望抜群 ~ ほぼ完成!③

またまたやってきました、眺望抜群の家。 完全なる完成まであと一息。

今回は、建物の竣工写真撮影に立ち会ってきました。
 

Rimg2019

今回の撮影は アトリエK の平野氏にお願いを。
 

この竣工写真撮影、『 “ぱっ” と来て、“ぱぱっ” と撮って帰る 』 くらいに思われますが、実は地味~な事前準備が色々とあるんです。

まずは掃除。
木屑、糸屑、手直し用に貼ってある付箋や取付け前のアクセサリなど、ファインダーに入ってしまうものが現場には結構残されてます。 黙々と掃き掃除&拭き掃除。

続いて、網戸の取り外し。
建物の竣工写真が何となくスッキリとしているのは、こんな地味~な一手間の賜物。
平野氏の網戸取外しの手際の良さったら、職人技。
もちろん、家を傷つけないように雑巾などで養生。 その辺の準備も抜かり無し。

そしてこんな寒い日は、蛍光灯照明を暖めるために一旦全てを点灯。
蛍光灯は気温が低いとランプが明るくなるまで時間がかかりますので。

カメラマンさんも何かと大変やということを、再認識。
 

そして、ついでに色々と撮ってみました。
  

続きを読む "眺望抜群 ~ ほぼ完成!③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

眺望抜群 ~ ほぼ完成!②

続きまして、

敷地の一方が急傾斜地 (というか、崖) なので、
 

Rimg1931

両脇の目隠しの板塀が適度な “籠り感” をつくり、雰囲気のある1階テラスに、
 

Rimg1955_2

目隠しをする必要が無い、圧倒的な開放感の2階テラス。

雰囲気の違う2つの眺望テラスが使い分けられるとは、なんとも贅沢。

個人的には1階のテラスが独特な雰囲気でお気に入り。

写ってはいませんが、実は山手の緑の景色も抜群なんです。

この時期、山の自然な紅葉が見ごろです。
 

続きを読む "眺望抜群 ~ ほぼ完成!②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

眺望抜群 ~ ほぼ完成!

他人の住まいをネタにするのは気が引けるのですが …

やっぱり出来の良い家は、大勢の人に見てもらいたい。

ということで、相変わらず勝手に公開です。

こんな我が稚拙ブログでの公開なんて、たいしたことありません。

N様、ご了承下さいませw
 

Rimg1966_4

早速、見事な眺望。 夜景ver. ようやく撮ることができました。

神戸から大阪湾を越えて南港まで一望。
 

続きを読む "眺望抜群 ~ ほぼ完成!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

眺望抜群 ~ いよいよ竣工

一年ほど前に ご紹介した、例の眺望抜群の土地。

その後、計画は順調に進みまして、いよいよ完成が目前です。

あまりの出来の良さに、完成見学会 を前にフライングでご紹介。
 

Rimg1825

建物丸ごと、ガルバリウム鋼鈑平葺き(一文字葺き)の外壁。

我が家と同じ、“マットな黒” が秀逸な 『耐摩ネオブラック』 ですw
 

Rimg1826

金属板というシャープな素材を選びながら、葺き方次第で味のある印象に。

板金職人さんが一枚一枚現場で折り曲げ、その手の跡が覗えるからでしょうか?
 

Rimg1833

外周4面全てが平葺きなので、ラインを合せるのが大変だったそう。

職人さん泣かせの葺き方です。 … が、良い感じ♪
 

続きを読む "眺望抜群 ~ いよいよ竣工"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

絶景の上棟

以前にご紹介 したことのある、眺望抜群な例の土地。

いよいよ建築工事が始まりまして、絶景な上棟が迎えられました。
 

Rimg0997

外周は覆われてしまいましたが、
 

Rimg1012

東を見ても、
 

Rimg1014

西を見ても、絶景。
 

続きを読む "絶景の上棟"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

蓄熱床下暖房

とある現場で、気になる設備を導入。

電気蓄熱床下暖房システム” です。
 

Rimg1275

このように、基礎配筋の間に熱線コイル(黄色の線)を張り巡らし、深夜電力を利用して基礎のスラブに蓄熱させるというシロモノ。

スラブのヒーターを発熱させ、1階の床面を暖めると同時に床下空間の空気層を暖める。その輻射熱で1階の空間を暖めると同時に、床下の暖まった空気を自然対流させて、Wの効果で1階の全室内を暖める効果があるとの事。
そして、その2次的な輻射熱+自然対流熱で2階の空間も暖めることができるそうです。

Heater_05_2

極暑な日々に耐える今日この頃、あまり有り難味を感じる事ができないのですが … 笑
居室も廊下も玄関ホールもトイレも、家中の全エリアがほんのり暖められるモノ。
冬場には一転、“垂涎のモノ” と変わることでしょう。
 

Rimg1274

本当に全エリア。ユニットバスの下にまでコイルが張り巡らせてあります。
基礎に蓄熱した熱を逃がさないように、スラブの下には断熱材が敷かれます。
まさに、“24時間全館暖房”。
 

それにしても、“24時間全館冷房” が欲しい、今日この頃。(大汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

眺望抜群

まさに師走です。色々な事を年内に取り纏めようとして、何かとバタバタします。

それもこれも、きっちりと年末年始の休みを取りたいが為ですがw

 

日々の仕事で、新築を計画されているお客様への土地紹介もしているのですが、
先日、私個人的な琴線をガッツリ鷲掴みにされる土地に出会いました。

Rimg1424

どうです?この絶景 shine。しかも、敷地の地盤面からの写真ですよ。
これが2階建になったらどうなることやらw

神戸~芦屋~西宮の海岸線から、遥か先には大阪の南港までをも見渡せる絶景。
南東側が急斜面の崖で落ちているので、この景色は永遠に誰にも邪魔されません。

これまで様々な土地探しをしてきましが、これだけの眺望が確保できて、
建築に関しての諸条件も申し分ない敷地って、なかなか出会うことがありません。
山と斜面の多い阪神間でも、眺望抜群の敷地って意外に限られています。
もちろん、予算に糸目をつけないのであれば別ですが …。

詳しい場所は明かせませんが(この写真で分かる方には分かりそうですが …)、
価格的にも相当な掘出しモンですw
 

この敷地、元は建築条件付きで分譲されていました。 (業界裏話が続きます)
 

続きを読む "眺望抜群"

| | コメント (2) | トラックバック (0)