« 憧れの平屋暮らし② | トップページ | 山の中のガレージハウス④ »

2011年11月29日 (火)

西宮のコートハウス①

ご紹介が遅れていました、こちらの現場。
 

Rimg2175

ちょっと前に1階のRC部が立ち上がっておりまして、
 

Rimg2341

先日、見事に上棟!

・・・

近頃、我が家のネタが乏しく、仕事絡みのネタを拝借してばかり。

我が家の事より、こちらの方がよっぽど良いネタなのでご了承(笑。
 

それでは、上棟前の様子を。
 

Rimg2179_2

RC化粧打ち放しの中に、焼杉板本実型枠の壁が印象的なアプローチ。
 

Rimg2194_2

杉の無垢材を木目をより際立たせるために一度焼き、木目の堀りを深くした上に塗装をしてRCの型枠とする。と、ほらこの通り。キレイに杉の木目が転写できました。

 

Rimg2197

ここがこの家の1番 !? 2番 !? 3番 !? … とにかく見せ場の多い家ですが、ここが特徴的な見せ場である事は間違い無い。

素材感のあるタイル貼りの床から続く、浮遊する繊細な鉄骨螺旋階段越しの、格子状スチールフレームサッシ越しの、中(裏)庭。一部に木を演出的に見せ、レンガ敷きの小道も現れる。

家が密集した都会の中で、家の中にプライベートな外部空間を設ける。

これ、ものすごくかっこ良くなる完成予想図が明瞭に浮かびます。
 

Rimg2348

そして、棟上げ。

1階がRC造、2・3階が木造の混構造。
 

Rimg2345

電線スレッスレの大仕事。

 

こちらのお宅、施主様がインテリアへの造詣が非常に深く、半ばプロとも言える方でして、かなーり上質な家となります。

とても楽しみ。

|

« 憧れの平屋暮らし② | トップページ | 山の中のガレージハウス④ »

西宮のコートハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西宮のコートハウス①:

« 憧れの平屋暮らし② | トップページ | 山の中のガレージハウス④ »