« 山の中のガレージハウス① | トップページ | ALDEN “Full Strap Slip-On” »

2011年10月16日 (日)

床鳴りの補修(再)

先日の点検 で補修をしてもらった、3階の床鳴り。

一旦は直りましたが、なぜか数日後にまたキシキシ鳴るように。

ということで、
 

Rimg1833

再開封(涙。

さらに、
 

Rimg1839

大開封。 なんだか大掛かりなコトになってきた …。

我が家は鉄骨造ですが、構造的な柱梁などのフレーム以外はほぼ木組み。

一部鉄骨の部材は見えども、こう見ると木造っぽくも見えます。

対策としては、怪しい箇所に楔を入れ、下地を追加した(らしい)。

それにしても、長尺シート貼りの3階だったのが不幸中の幸い。

これが2階のタイルやフローリング貼りだったら大事でした。

その後、完璧に修まってます。

迅速な対応、ありがとうございましたー。

|

« 山の中のガレージハウス① | トップページ | ALDEN “Full Strap Slip-On” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

住まい・設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床鳴りの補修(再):

« 山の中のガレージハウス① | トップページ | ALDEN “Full Strap Slip-On” »