« 超狭小な固定資産税 | トップページ | 青タイヤ »

2011年5月31日 (火)

都会で田舎暮らし

またまた発見してしまいました、至極の土地。

もとい、またまた発見してくれました、至極の土地。

発見者はもちろん、ふじふじ部長です。

いつもながら、ごく当たり前のフツーの土地には目もくれません。

今回の土地は、『 海と山と。』

最寄り駅から徒歩10分以内で、海と山に囲まれた敷地。

国道から1本入ると、そこには別世界が広がってます。
 

Rimg0801

目前に迫る新緑の木々。

実は、歴史の名舞台となった崖地です。
 

Rimg0803_2

ズームアップしてますが、敷地から望む海。

まさに目前に海と山と。

都会で田舎暮らしができちゃいます。

なんと言ってもその価格、6○○万円也〜。

ネックとなりそうな様々な諸費用を考慮しても、まだ安い。
 

肝心の敷地は、こんな感じです。
 

Rimg0766_2

北向き。 古家は間もなく解体撤去される予定。
 

Rimg0769

東向き。 道路からは1段高台になってます。
 

Rimg0783

南向き。 隙間から海が見えるんです。
 

Rimg0777

西向き。 もう1段高いところに宅地あり。
 

Rimg0792_3

Rimg0796

道路からは5〜6mほどの石垣あり。

こいつはガレージを造るために解体が必要。

ガレージを掘込んで、ガレージの中から住宅に入るって感じでしょうか。
 

Rimg0798

行き止まりにトトロの森が。
 

Rimg0802

なんとなく、雰囲気を感じていただけましたでしょうか?
 

砂防指定地の為に県知事の許可がいるとか、道路斜線制限がきついとか、前面道路が私道(位置指定道路)だとか、土石流危険渓流だとか、ガレージの掘削・土留め造成工事とか・・・

なかなか一筋縄ではいかない土地ではありますが、仮に造成工事に1,000万円掛かったとしても(まず、そんなに掛からない)、土地価格1,6○○万円。造成が500万円でできたら・・・という計算が成り立ちます。
土地の価格が安いだけにチャレンジのしがいがあるのではないでしょうか?

なんと言ってもこの環境!

駅徒歩圏内では、そう無いでしょ。
 

挑戦者求む!!

|

« 超狭小な固定資産税 | トップページ | 青タイヤ »

土地」カテゴリの記事

須磨のガレージハウス」カテゴリの記事

コメント

ここかー 実は私 怖がりなんで無理やね… 落ち武者に襲われるやん(笑)

投稿: 兄 | 2011年6月 6日 (月) 22時14分

兄ぃにも苦手なモノがあるんですね!?

確かに、夕暮れ後の雰囲気は格別です。たぶん。

投稿: ぱら | 2011年6月 7日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会で田舎暮らし:

« 超狭小な固定資産税 | トップページ | 青タイヤ »