« 年末の風物詩 | トップページ | 水の力で、空気を洗う。 »

2010年12月 9日 (木)

眺望抜群 ~ ほぼ完成!③

またまたやってきました、眺望抜群の家。 完全なる完成まであと一息。

今回は、建物の竣工写真撮影に立ち会ってきました。
 

Rimg2019

今回の撮影は アトリエK の平野氏にお願いを。
 

この竣工写真撮影、『 “ぱっ” と来て、“ぱぱっ” と撮って帰る 』 くらいに思われますが、実は地味~な事前準備が色々とあるんです。

まずは掃除。
木屑、糸屑、手直し用に貼ってある付箋や取付け前のアクセサリなど、ファインダーに入ってしまうものが現場には結構残されてます。 黙々と掃き掃除&拭き掃除。

続いて、網戸の取り外し。
建物の竣工写真が何となくスッキリとしているのは、こんな地味~な一手間の賜物。
平野氏の網戸取外しの手際の良さったら、職人技。
もちろん、家を傷つけないように雑巾などで養生。 その辺の準備も抜かり無し。

そしてこんな寒い日は、蛍光灯照明を暖めるために一旦全てを点灯。
蛍光灯は気温が低いとランプが明るくなるまで時間がかかりますので。

カメラマンさんも何かと大変やということを、再認識。
 

そして、ついでに色々と撮ってみました。
  

Rimg2002

本日は雨上がりにて、ちょっと霞んでます。
 

Rimg1988

Rimg1989

Rimg1991_2

今まで撮ってなかった、山側の景色。
海側のみならず、実は山側の景色も素晴らしいのです。
 

Rimg1992

そんな眺望が望める、寝室から続くウッドデッキが羨まし。
 

Rimg2005_2

リビングの上部には、空を絵画のように切り取る大窓が。
この窓のお陰で、燦々と光が差し込みます。
 

Rimg2006

デッキ側の開口も、上部は空だけを切り取る。
 

Rimg2023_2

色んな角度から。
 

Rimg2029

ちょっと建築写真っぽくない !?  … ないか。
 

Rimg2037

これも建築写真っぽく … ないな。
 

Rimg2004

途中、電気の引込み準備をしてました。 業務連絡。
 

Rimg2010

構造的には重要な “火打ち梁” をデザイン良く隠すアイデア。
大工さんが 「そこまでやるか?」 と言ったとか、言ってないとか。
 

Rimg2034

キッチン横のちょっとしたワークスペースが重宝しそう。
 

Rimg1993

トイレ①に、
 

Rimg1997

洗面脱衣室、
 

Rimg2033

そして、トイレ②。 プライベートエリアは、大柄のクロスでちょっと大胆に。

 

昼には出てしまいましたが、プロのカメラマンによる夜景の写真が楽しみです。

それ以上に、入居が楽しみですね。

竣工、おめでとうございます!

|

« 年末の風物詩 | トップページ | 水の力で、空気を洗う。 »

建築(その他)」カテゴリの記事

六甲の眺望抜群の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眺望抜群 ~ ほぼ完成!③:

« 年末の風物詩 | トップページ | 水の力で、空気を洗う。 »