« 眺望抜群 ~ ほぼ完成! | トップページ | 年末の風物詩 »

2010年12月 3日 (金)

眺望抜群 ~ ほぼ完成!②

続きまして、

敷地の一方が急傾斜地 (というか、崖) なので、
 

Rimg1931

両脇の目隠しの板塀が適度な “籠り感” をつくり、雰囲気のある1階テラスに、
 

Rimg1955_2

目隠しをする必要が無い、圧倒的な開放感の2階テラス。

雰囲気の違う2つの眺望テラスが使い分けられるとは、なんとも贅沢。

個人的には1階のテラスが独特な雰囲気でお気に入り。

写ってはいませんが、実は山手の緑の景色も抜群なんです。

この時期、山の自然な紅葉が見ごろです。
 

Rimg1954 
2階のテラスはリビングの延長で、室外に出なくても部屋内から眺望が望める。
隣地の家があると視界を遮られるため、切り立つ敷地でないとできない技です。
 

振り向けば、

Rimg1956

高い勾配天井に黒いロフトが宙に浮く、ワンフロアまるごと広々LDK。

写真では分かり難いのですが、キッチンは料理教室でも開けるくらい奥行きの広いオープンキッチンで、何かと使える奥様用のPCコーナーも壁の向こう側に隠されてます。
 

Rimg1964_2

ロフトの中は、これだけあれば既に “ロフト” ではありません。 立派な個室です。
 

Rimg1935

Rimg1934

一転、洗面所はスタイリッシュで遊び心のあるものに。

 

… おまけのコダワリ。

Rimg1927Rimg1926_2

Rimg1929Rimg1930

神保電器の “NK SERIE” スイッチ&コンセント。
 

Rimg1924

極薄の木製巾木。 5mm の出くらいでしょうか?

 

Rimg1957

極薄の窓台。 実際は24mmの板が埋め込まれているので強度は問題ありません。
表に見える小口部分だけを薄く見えるように加工しているというコダワリ。

 

大きな全体のデザインも、小さなコダワリも、手抜き無しの素晴らしい家でした。

|

« 眺望抜群 ~ ほぼ完成! | トップページ | 年末の風物詩 »

建築(その他)」カテゴリの記事

六甲の眺望抜群の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眺望抜群 ~ ほぼ完成!②:

« 眺望抜群 ~ ほぼ完成! | トップページ | 年末の風物詩 »