« 超狭小生活とは(再) | トップページ | リラックスチェア 無印良品 »

2010年11月16日 (火)

眺望抜群 ~ いよいよ竣工

一年ほど前に ご紹介した、例の眺望抜群の土地。

その後、計画は順調に進みまして、いよいよ完成が目前です。

あまりの出来の良さに、完成見学会 を前にフライングでご紹介。
 

Rimg1825

建物丸ごと、ガルバリウム鋼鈑平葺き(一文字葺き)の外壁。

我が家と同じ、“マットな黒” が秀逸な 『耐摩ネオブラック』 ですw
 

Rimg1826

金属板というシャープな素材を選びながら、葺き方次第で味のある印象に。

板金職人さんが一枚一枚現場で折り曲げ、その手の跡が覗えるからでしょうか?
 

Rimg1833

外周4面全てが平葺きなので、ラインを合せるのが大変だったそう。

職人さん泣かせの葺き方です。 … が、良い感じ♪
 

さて、お待ちかねの眺望は、

Rimg1827

神戸 ~ 芦屋 ~ 西宮、果ては大阪湾を越えて、南港までを一望!

コンデジではこれが限界ですが、実際の “抜け感” はこんなもんじゃありません。

左に隠れている六甲の山並み、眼下の緑を含め、壮大な眺望がひらけています。

右手の樹木さえ無ければ …。
 

Rimg1841

外に出なくても、室内からも眺望はバッチリ。

 

Rimg1844

夕景はぐっと雰囲気が増しますね。

何度も言うようですが、実際の眺望の抜け感はこんなもんじゃないですよ。

 

この他にも、
 ・ 自転車の出し入れも楽々、幅広の木製造作玄関扉
 ・ 自転車のメンテナンスもこなせる、広い玄関土間
 ・ まるでオブジェのような、繊細な黒いらせん階段
 ・ ホテルライクでゴージャス気分の洗面脱衣室
 ・ 寝室からアプローチできる、眺望抜群ウッドデッキ
 ・ リビングの宙に浮く、オトコの篭り部屋

まだまだネタが尽きないこちらのお宅、全容は 見学会 でのお楽しみに。

|

« 超狭小生活とは(再) | トップページ | リラックスチェア 無印良品 »

建築(その他)」カテゴリの記事

六甲の眺望抜群の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眺望抜群 ~ いよいよ竣工:

« 超狭小生活とは(再) | トップページ | リラックスチェア 無印良品 »