« 円高万歳 | トップページ | パソコン買換えか? »

2010年8月25日 (水)

小さなコダワリたち②

小さな 自己満足 コダワリたち、第2弾。

前回の記事 について、久しぶりにコメントをいただくことができましたので、

何だか嬉しくなっちゃいまして。

調子に乗って、また色々と写真を撮ってみました。

過去の記事とカブッていたら、スミマセン。

 

まずは、玄関周り。

Rimg1062_2

コダワリの玄関扉です。

鉄製で、床から天井までいっぱい、段差も垂れ壁もあえて作らず、

すっきりと見えるデザインで製作してもらいました。

ダンパーも見えませんでしょ? (外に付いてるんじゃないですよ。)
 

Rimg1064

表面は “溶融亜鉛メッキ” 仕上げ。

錆に強く、荒い素材感がお気に入り。

一般的にはコレを仕上げとはしないのでしょう。

ご覧の通り、工場でメッキ処理をする際に

どうしても傷だらけになってしまうのですが、それも “味”。

ご理解いただけない方や神経質な方は、ご遠慮下さい。
 

Rimg1060

壁のレンガは、名古屋モザイクタイルの “古窯磚”。

中国上海地区の約100年前の古い建物を解体した古レンガだそうです。

土や埃が付着したままなので、白いシャツで寄りかかると、汚れます。

真っ白だった目地も、あえて汚してもらいました。
 

玄関の一部をガラスにしているのは、

外にも張っているレンガとの繋がりを見せるため。

目線の抜けをつくり、空間を広く見せる。

これもコダワリ。 (実際は、狭いですけど。)
 

Rimg1066

玄関の “たたき” が無いのも、空間を広く 錯覚 見せる為の工夫です。

どこまでも玄関みたいでしょ?

これなら “玄関狭っ!” って言われません。 (実際は、狭いですけど。)

人が大勢来た時は、マットをずらすだけで玄関拡大。

土足でガシガシ入ってくる方もいらっしゃいますけど。
 

Rimg1070

自転車は浮いてます。

コレが無ければ、靴収納が倍の量確保できたのにね。
 

Rimg1068

サッシの枠に取り付けられた、こんな金物 に掛けてます。

 

他には、玄関扉横の鏡の裏が収納になっていたり、

靴収納の背板を省くことで、数cm玄関通路の幅を広くしたり、

玄関入って正面に洗面台があるので

パンツ一丁で顔を洗っていると、外から丸見えだったり。

超狭小住宅ならではの工夫が盛り沢山です。

|

« 円高万歳 | トップページ | パソコン買換えか? »

住まい・設計」カテゴリの記事

コメント

…この夏もやっぱりパンイチですかっ!?
関西もかなり暑そうですね~

(↑食いつく部分はココ!?)
ウソです~。
相変わらずのスタイリッシュ☆な、ぱらさん邸。
いいなー。

コチラは合コンやら山登りやらが忙しくて(笑
家も庭もやや荒れ果てております。。。
この夏に人生かけてますからっ。
婚活☆命なワタシです。

設計士さん、ゴメンナサイ…

投稿: atashi-nchi | 2010年8月26日 (木) 22時10分

とても広く感じます。
いろんな工夫がしてあるからですね。
どうしても自転車が気になって。(旦那の希望が唯一かなわなかったところですから)
大きな窓からの光で、自転車の圧迫感が軽減されているのでしょうね。

しかしどこを見ても本当にすてきで、私の発想のないところです。
次回も楽しみにしています。

投稿: ゆびわ | 2010年8月27日 (金) 06時53分

atashi-nchiさん>
食いつきありがとうございます。笑
パンイチどころか … な酷残暑。
ガラス張りの家で … その内、捕まるかもしれません。

山登り楽しそうですね~。
私も道具を揃える所までは好きなんですけどね。
道具が揃うと、それで満足してしまうんです。
関西でも山登りをする人が急激に増えているみたいですよ。
健康的な合コン、興味津々ですw


ゆびわさん>
毎度、ありがとうございます。
どれもこれも、設計のフジハラ氏の力によるものです。
私の発想と言えば … 頑なに古レンガを入れてもらった事くらい。
あ、奥さんの意見も聞かず、無理やり自転車をねじ込んだのもですね。

実は我が家、設計の打合せに奥さんが同席したことが無いという、
フジハラ氏と私で好き勝手にした家なんです …。
好きにさせてくれた、奥さんに感謝。

投稿: ぱら | 2010年8月28日 (土) 03時30分

信じられない。
奥さんすごい!!
尊敬です。

それに引き換え私はでしゃばりすぎました。
好き勝手にさせてもらったな。
旦那に感謝です。

投稿: ゆびわ | 2010年8月28日 (土) 09時38分

ゆびわさん>
確かに、奥さんの要望は何一つ聞いてませんからね。笑
私の職業柄、最低限の配慮はするであろうとの思いで
任せてもらえたんだとは思いますが …。
もしくは、細かい旦那に付いていけないと愛想を尽かされたか。
後者の可能性大。

工事中もほとんど現場を見る事無く、完成お披露目の時には
設計のフジハラ氏が一番不安がってました。笑

投稿: ぱら | 2010年8月28日 (土) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなコダワリたち②:

« 円高万歳 | トップページ | パソコン買換えか? »