« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

パインに包まれる家

たまには建築ネタを。
 

新築の竣工写真撮影に立ち会いまして、とても良い雰囲気でしたのでご紹介。
 

Rimg1084

天井が非常に低いこのお宅。
 

Rimg1088

部屋の中央に設けられた、ロフトの天井でした。
ロフトを部屋の中央にもってくるという大胆な設計。

床も、壁も、天井も、収納の扉にまで、パインの無垢フローリングが貼られています。

 

続きを読む "パインに包まれる家"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

久しぶりのポタリング

気候も良くなり(遅い!?)、久しぶりに 走ってきました。
それにしても、長い長い冬眠でした。

出発前にチェーンやギアなどの掃除をし、要所要所に油を差してメンテナンス。
危うく、この清掃作業だけで満足してしまいそうに。

長期休暇明けのため、この日はウォーミングアップ的に軽く流すことに。
で、目指すは実家近くの “ロイヤル・ホームセンター”
こちら、園芸用品の品揃えが豊富なんですw  ( ← 偵察がてら)
 

いつもの如く、緑が多くて走りやすい山手幹線を芦屋川までひた走り、阪急「芦屋川」駅からは果敢にも山越えの道を選択。
フランク・ロイド・ライト設計の「ヨドコウ迎賓館」を傍目に、黙々と、まさに “登る”。
途中、何度かリアル嗚咽を漏らしながら …。急に激しい運動をすると吐き気がします。
 

「芦屋浄水場前」まで登りきってしまえば、後は気持ちの良いワインディングロード。

Rimg1067

少し高いところへ登れば、山と海とが望める景色。
 

Rimg1068

桜の名所である夙川も通過。桜の花が無くても、自然溢れる気持ち良い公園です。
 

Rimg1072

向かいの対岸一画の全てが松下家の別邸(?)という素晴しい環境のニテコ池周辺。
 

Rimg1073

例の土地はまだ手付かず … orz。 好評分譲中??
 

Rimg1076

驚くことに、隣の急傾斜地も2宅地分、造成されてました。
すぐ隣がまだ手付かずなのに!?

 

往復で30km程度の軽いもんでしたが、久々に自転車もいいもんです。
あ、いや、ライト坂は本気でしんどかった …。

 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の京都

古い友人が京都観光に来ているということで、せっかくなので会いに行ってきました。
 

Nec_0407

JR京都駅の駅ビル。携帯カメラにて、ぼけぼけです。
 

Nec_0403

京都タワーもぼけぼけ。

 

京料理に舌鼓。食い気が勝り、写真なしです。

古い京町屋を改装した小料理屋さん。なかなか雰囲気も良かったのに …。

 

神戸(自宅) ⇔ 大阪(通過) ⇔ 京都

日帰り三都物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

緑の衝動買い

緑ネタが続きます。
 

神戸の三宮に激安植木屋さんがありまして、以前から知ってたんですが、
近ごろ特にお気に入りです。ローコストな物欲発散です。
 

Rimg1045

多肉系各種、各40円。 … どんな価格設定やねん。
 

Rimg1047

ラベンダー、120円。
 

激安でしょ。衝動買いもするでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

苔に興味津々

引越しして2ヶ月が経ちました。
休日の恒例となっていたホームセンター&雑貨屋巡りもようやく落ち着き、
不足していた小物はほぼ揃い、
今回の計画での 骨肉を削られる 支払い(涙)もほとんど終わりましたし、
… ぼちぼち次の段階へステップアップ、今あるモノの “買替え” モードに突入!?

物欲の波は止まりません。

が、調子に乗るわけにはいきません。
 

その対策(?)ということで、ここしばらくはプチ園芸にいそしんでおります。
わずか数百円で丸一日楽しめる、物欲発散方法。

そんな中、“苔” というものが突然クローズアップ。
旧跡神社仏閣巡り好きである私にとって、これまでも興味有りでしたが。

Tumeawase_01

Gin_002

※画像は モス・ファーム さんから無断借用してます。非常に気になる苔の通販サイトです。

まさに、コケティッシュ。

 

1㎡ 程の我が超狭小庭(!?)に敷き詰めてみようと目論み。

苔は近所のホームセンターに置いてなかったので、もみじ同様山へ分け入って採ってこようと思いきや … なかなか上物は見つかりません。
その前に、不法侵入はいけません。

結局は、モス・ファーム さんで購入することになりそうです。
苔を通販で購入するなんて … 時代も変わったものです。笑

 

老後は盆栽を趣味とすること、間違い無しです。

シダ類も、興味津々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

モンステラ、暴走の気配

新居に移る前から我が家の一員であった “モンステラ”。

近頃突然、急成長の気配が。
 

Rimg1040

これでも、最盛期の半分くらいに剪定されたんですけどね。
 

Rimg1042

根元から2本。さらに奥からもう1本の計3本。日に日にグングン伸びてます。
夏には熱帯雨林と化すのでしょうか …!?

このモンステラは、IKEAで数百円で購入してきたものです。
その時は葉が3枚のみの小さな鉢植えでした。
それが、順調過ぎる程の成長ぶり。

 

ここ数週間の間に、我が家には10を越えるグリーンが増えました。
玄関先の超狭小植栽スペースの下草として、室内の鉢植えとして。
何と言っても、“オリエンタル・リゾート” ですからw
毎朝毎晩、霧吹きを片手に上へ下へと走り回ってます。

また機を見てボチボチ紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

フローリング、各種。

とあるお宅の新築計画で、床のフローリングを検討してました。
種類が無数にあるフローリング。
材の種類だけでなく、それぞれのメーカーの製品によっても特徴は様々。

一般の方には、どの材が良いか?それ以前に、どんなモノがあるのか?
そりゃ悩みます。と言うか、わかりません。

 

フローリングの種類は色々ありますが、まずは大きく2種類。
“合板フローリング” と “無垢フローリング”。

“合板フローリング” とはその名の通り、合板でできたフローリング。

Rimg1032

厚さ1mmにも満たない薄い木のシートを合板の表面に貼り付け、その上から特殊塗装やコーティングをしたフローリングです。メンテナンス性が高く、それこそワックスをかけたり定期的にオイルを塗ったりといったお手入れが不要。表面を硬化させるコーティングがあれば、滅多なことでは傷も付きません。しかも、コストパフォーマンスに優れています。

一般的なメーカーさんや建売住宅の標準仕様はこれであることが多いです。

 

一方の “無垢フローリング” は、これもそのまま(笑)、無垢材でできたフローリング。
表面から芯まで、正真正銘1枚の無垢の木を加工したフローリングです。

Rimg1033

無垢ならではの肌触り、質感、空気感、そして時が経ってからの味わいは無垢材でしか得られない独特のモノ。床に貼ってしまえば見えることのない厚みでさえ、質感として表れます。
その反面、定期的に手入れをする必要がありますし、醤油をこぼすと直ぐに拭きとらないと染み込み、柔らかい材であれば爪を立てたくらいで傷も付きます。しかも自然の物なので、寒暖の温度差で収縮膨張を繰り返し、板の継ぎ目の隙間が透いたり反ったりもします。

無垢材は “自然素材” の理解があり、“汚れ” と “味わい” の違いが解る方でなければ、おススメしません。中には全く手入れせずに、エイジングの味わいを楽しむといった方もおられますが … 長持ちさせるためにも、最低限の手入れはしていただきたい。
 

そうは言いながらも、余程のことが無ければ無垢材でいきたいですね。
1・2年も経てば、違いは明らかです。

 

そんな無垢材でも、木の種類によっても特徴は様々。

続きを読む "フローリング、各種。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

CHASKA茶屋町

暑くもなく、寒くもなく。心地良い天気の日が続きます。
 

Nec_0382

とんがってますね~。

仕事の合間の昼休み、散歩中に発見。

かの、Ando建築だそうです。RCの造形がご立派。
 

Nec_0380_2

このビルは “CHASKA 茶屋町”。ホテル、商業施設、住居が入る様子。

“茶” のロゴマークが微笑ましい。
 

このビルの隣でも、大がかりな工事がされています。
JR大阪駅ビルの周辺だけでなく、茶屋町周辺も建築ラッシュです。

景気は上昇傾向!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

床はタイルがいい

我が家の床はタイルです。

我が家にはワンコがおりまして、普段は家の中を自由に走り回ってます。
遊び相手になったが最後、最高潮にはそれこそ家中にヨダレを撒き散らします。

ということで、無垢のフローリングは当初から×で、掃除のしやすいタイルとしました。
タイル選びの時の記事はこちら
 

Nec_0324

気持ちがいいみたいです。
 

Nec_0327

ハートけつ。

 

住んでみて、床のタイルは大成功でした。絞りのゆるい雑巾で気兼ねなく ガッシガシ 拭けますし、水やりで多少の水がこぼれても乾くまで放りっぱなし。

これからの季節、素肌がひんやりと気持ち良い(ことでしょう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

竣工写真 階段

我が家のデザインの最大のポイントである “階段” をピックアップ。
 

18_3

1枚の鉄板を折り曲げ、折り曲げ。 まるで、アートです。
 

19_2

天井から手摺と共に吊り下げられる形状。 繊細なラインが際立ちます。
 

21_4

天井から真っ直ぐ下ろされた手摺は2階で折り返し、そこから本来の意味での手摺となって、3階の吹抜け部分の廊下の手摺にもなる。まさに1本の鉄棒を折り曲げた形状。
 

22_3

上から覗き込むアングルも。

機能とデザインが両立された、秀逸デザインです。

 

このデザインのお陰で、超狭小ながら開放感のあるリビング・ダイニングが実現。
この階段無しには、我が家のデザインは成り立たないと言っても過言ではありません。

この階段だけでも、フジハラ氏 に設計を依頼して良かったと思えるほど。

 

ちなみに、リビングのTV台はこの階段と共通のデザインで作られてます。
 

                            撮影:杉野建築写真事務所 杉野圭氏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

リビングのチェア2・改

リビングのチェアとして購入した 無印良品のリラックスチェア(オットマン付き)。
 

Photo

このナチュラルカラーのフレームがどうも気になってまして。
先日の宣言 通り、ちょっと手を加えました。
 

Rimg1023

どうです!? ぐっと渋くなったでしょう? アジアンテイスト(!?)。

元の塗装を削り取る作業が厄介でしたが、十分な仕上りではないでしょうか。
とてもセットで1万円には見えません。のはず。笑

作業工程は、
① 紙ヤスリで表面のコーティング(塗装膜)を削り取る
② 更に目の細かい紙ヤスリで表面を整える(細かい傷を付ける)
③ 木部用塗料を刷毛で塗る
④ 乾いてから、再度、2度塗り(部分的に3度塗り)
⑤ クリアラッカーで表面保護

私みたいに激安塗料(ホームセンターのオリジナルブランドの物)を使うのではなく、オスモやリボスといった家具用にも適した塗料を使えば、よりしっとりとした雰囲気の色付きになることでしょう。たぶん。 私には同じに見えますけど。

塗装は下地処理が命です。← とある腕の良い塗装屋さんの受け売り

 

ハイセンスなデザイナーモノの家具も魅力的ですが、懐具合が不相応。
そこで、“○○風” にいくよりも、リーズナブルなモノに一手間好みのアレンジを加えてというコトも、アリではないでしょうか?
 

それにしてもこのチェア、ちょっと軽~い感じではありますが、座り心地良いですよ。
もう一つのチェアである カリモク60 の Kチェア と比較しますと、質感と雰囲気のKチェア、気軽さと快適性のリラックスチェアといったところでしょうか。

それぞれ、特徴は違いますが良いチェアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

シンボルツリー

GW 山篭りの最大の目的は、我が家の唯一の緑地(?)に植える樹木の獲得。

山に行けば、流行の樹は無いにしても、何なりと選び放題であろう!しかも、無料!
と、勝手に皮算用してましたが。

意外にグッとくるモノが見つからず。
 

さすがに全てを自然に任せて立派に育ち放題の野性の樹木に、美しい樹形を求めるのはお門違いだったようです。ってか、どれもこれも巨大過ぎて ×。

で、無難に敷地内の “もみじ” をゲットです。
野生のままの姿の写真を撮り忘れました。高さ2m程のそこそこのモノでした。
 

Rimg1020

それが、こうなりました ↑。 カットし過ぎ?

こう見ると、地味~な感じですね。 いや、これからです。これから。
完成目標は2年後ですw
  

Rimg1018

無事に根付いて、立派に育ってくれることを祈ります。

 

ところで、さら~っと流しましたが、実はここまでくるのに相当な苦労がありました。

まずは運搬。
山から剥ぎ取った樹を、根の養生をしっかりとしながら普通車で運ぶ。
この高さまで短くカットされたのは、車内に納まるサイズに合わされたから …。

そして、土壌の改良。
このスペースは当初、土間コンクリートで埋め固められる予定だった所。
工事途中で “土のままで!” と、土間を打つ寸前に変更したこともあり、薄い5cm程の厚さの真砂土の下は瓦礫と砕石で埋めつくされています。建物の地盤改良を兼ねた1.5m分の基礎の下まで瓦礫であることを確認してます …。水はけは抜群w

せめて1m分くらいは掘り返して良い土を入れようと思いましたが、瓦礫や砕石をスコップで掘り返すのがこれほど大変だとは。
結局、樹の周りの幅・高さ共に50cm程度しか改良できませんでした orz。
 

素人が思い付きでできる限界を感じながらも(笑)、樹が根付けば下草に取りかかろうと思います。瓦礫の発掘作業を思うと、二の足を踏みますが …。

どうにもできなくなれば、その時にはどなたかにお願いすることにしますw
“まずは自分でやってみよ~” の姿勢は大切です。
特にこんな家づくりの場合。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

連休満喫

今年のGW連休は暦通り。

交代で出勤してくれているメンバーがいるお陰です。ありがたや~。

 

そこで、恒例の田舎暮らし。

Rimg0954

山篭り三昧。
 

時間がありそうだったので、家の宿題を持ち込み。

Rimg0962

ビフォー ↑
 

Rimg0984

アフター ↑

例の 無印のリラックスチェア のパーツです。
ナチュラルカラーからアジアンテイストに(?)リニューアル塗装中。

オスモやリボスといった高級塗料は 使えません 使いません。
某ホームセンターオリジナルの木部用塗料にクリアラッカー仕上げ。
十分!十分! … だと思います。少なくとも、我が家には十分。
 

続きを読む "連休満喫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »