« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

竣工写真 内観

続きまして、内観です。
 

12

玄関入ると、すぐ自転車。すぐ洗面。
 

13_2

エアコンがねぇ …。
 

15  
モノが何もなかった時はねぇ …。

14

やはり、階段が秀逸。

次回はそんな “階段特集” にしますw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

竣工写真 外観

以前の 竣工写真撮影大会 での写真が出来上がりました。

枚数がそこそこありますので、まずは外観から。
 

1_43_3

6_38_3

10_39_3
 

縦の写真ばかりですw 
 

撮影は杉野圭氏。

さすが、建築専門のカメラマンさん。素晴らしい写真の数々です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

Dolce Gusto Circolo

そろそろネタが尽きてきました、新築祝いシリーズ。

いやいや、本当にたくさんの、素晴らしい品々をいただきました。ありがとうございます。
 

Rimg0922

ネスカフェ ドルチェ・グスト (Circolo) ホームバリスタシステム

これはこれは、我が家には不相応な “おされー” なコーヒーメーカーをいただきました。
 

Rimg0923

何気無く、エルメスオレンジをバックに撮りたくなりました。
 

Rimg0926

これを機会に、おされーなゆとりのコーヒータイムを楽しめるようになりたいものですw
飾りにならないように …。

スッキリとした見た目通り、淹れ方も非常に簡単です。
水を入れてすすぎ → カプセル挿入 → 抽出 → カプセルをぽいっと廃棄
後片付けも至極簡単。

ま、ケチ性なワタクシにはインスタントがお似合です。

 

素晴らしい祝い品をありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

メモリの増設

1年以上前から調子の悪かった自宅のパソコン。
電源を入れてから30分は何もできないほど、起動に時間が掛かる。
まずは電源を入れ、何か一仕事をしてからようやく作業ができるといった感じです。

セキュリティソフトを入れ替えてみたり、市販の高速化のソフトを入れてみたり、
ネットを見てプロパティをいじってみたり、小手先の対策を様々やってみました。

一時の改善にはなれど、どれも効果はイマイチ。
そんな状態でブログ更新なんて、よくやっていたものです。

 

そんな折に、とあるお方から “メモリの増設” をお勧めされまして、なかなか効果が期待できそう。しかも素人でも簡単に作業ができると聞きまして、早速試してみました。

Rimg0938

amazon.co.jp でポチり。通常配送でも、次の日に到着。

最安で送料無料。恐るべし、amazon。
 

Rimg0940

まずはバッテリーを外し、蓋を開けるとメモリのスロットルの空きが一つ。
 

Rimg0942

そこへ、先の増設用 512M メモリを差し込み、蓋を閉めて元通りに。
 

Rimg0943

すると無事、768M と認識されました。作業の所要時間、3分。

もとは 256M だったのです。… 今思えば、そりゃ遅くもなりますわ。
真っ先にココに原因があることに気が付かなかったのは何故でしょう!?

 

さて、効果の程は … サックサク!サックサク!!

起動も、ファイルを開くのも、明らかに以前とは動きが変わりました。
あまりのサクサクぶりに、思わず即・記事UPとなりました。

 
お勧めされた方に、「“何でもっと早くやらなかったんだろうか” と思うよ。」 と言われましたが、まさにおっしゃる通り!ナゼでしょう!?

買替えようと思っていたパソコンですが、2,000円で事が済みましたw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

不動産取得税の減額

土地を購入したのは平成20年12月。その後すぐに届いた不動産取得税の納付書。
住宅を建築中として徴収猶予のお願いをしてから軽く1年以上が過ぎました。

その間、「まだですか~」と問い合わせがあったこと2回。
ようやく登記も完了し、土地と建物の登記簿謄本を提出することができました。

そして届いた不動産取得税の減額通知書。

Rimg0932

 
よく見ますと、

Rimg0933

なんと、52,000円が → 0円に!

ま、“もうかった!!” と言う訳ではありません。
住宅の建築目的で土地を購入した場合、大体こうなるケースが多いみたいですね。
“住宅についての特例控除” というものです。
軽減の内容については … 省略w。 各都道府県税事務所にお問い合わせ下さい。

家が建てられていない土地は “非住宅用地” として、軽減のない高い税額が掛かります。そこで、“只今住宅を建築中” という方には、家が建つまでは不動産取得税の徴収を猶予するという手段があるのです。

先に払っておいて後で返してもらうか、私のように徴収猶予してもらっておいて減額申請をするかの違いですけど。

 

と言うか、ここで驚くべきは評価額の低さ! 土地の評価額が173万円って …。
我が家の土地、相場では 130万@坪 くらいするとこなんですよ、実は。憤

狭小住宅の隠れたメリットを再発見。そいや、固定資産税も安かった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

New 洗濯機

紹介が遅れてました。 新築祝い第○弾。(第2弾かな?)

冷蔵庫に勝るとも劣らない、生活の上での必須アイテムを 厚かましく いただきました!
 

Rimg0931

New 洗濯機。

これで十数年苦楽を共にした、単身用洗濯機とおさらばできました。
 

巷の流行りは “ドラム式洗濯乾燥機”!?… 我が家には大袈裟かと。
それに、乾燥機能は基本、要りません。

コインランドリーなどに置いてありそうな舶来モノの箱型洗濯乾燥機であればデザインも好きなのですが、Miele や AEG、GE などのホンマモンには手が出ません。
LG製の手頃なモノをヨドバシで見かけましたが、店員さんによるとイマイチな評価。
ま、小心者のワタクシとしては国産メーカーでないと落ち着きませんw

ということで、今回もリクエストさせていただきました。笑

 

色々比べてみると、近頃の洗濯機はスゴイですね~。
家電全体に言えることですが、様々な機能が盛り沢山。
「ハイブリッド」、「Ag 除菌」、「ヒーターレス乾燥」、「自動槽乾燥」、しまいには「ダンシング」。何がなんだかよく分かりません。

で、シンプル機能なコレをリクエストいたしました。それでも十分過ぎるほどの機能。
青やピンクの色付きが多い中、意外とシンプルな白は少ない。

 

使ってみて奥さんが大喜び(?)なのは今までに無い機能、“風呂水ポンプ” 大活躍。
… 完全なる庶民派です。

 

素晴しいお祝いの品を、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

古材と銘木のガレージハウス

以前に 古材屋さんと銘木屋さん へ支給品を物色に行ったお宅がボチボチ完成です。
 

Rimg0904

黒ガルバの外壁に、朱色の木製目隠しルーバーと燻銀の瓦を乗せた下屋。
この組み合わせはまさしく “和モダン” でしょう!?

完成前ではありますが、外部の足場が外され、内部の養生が取れたのを見て、
感嘆の声をあげそうになりました。

これ程のモノを見る機会もあまり無いので、思い余って 了承無しに UPですw
 

Rimg0911

木板をリベット止めされた4枚の横引きガレージ扉(まだ付いていない)を引くと、
古民家に近い印象を受ける ガレージ フリースペースが。

古家を解体した際に出てきた古材の欄間。土佐漆喰塗りの真壁。柱や梁の構造体も無垢材。ミミ付き欅無垢一枚板の飾り棚。本物の素材を厳選されました。 

そう、このお宅も車2台を入れることができるガレージハウスです。
 

続きを読む "古材と銘木のガレージハウス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ガレージのある家 vol.18

先日取材を受けた雑誌、“ガレージのある家” が発売されました。
 

Rimg0900

過去には、“和メリカンなガレージハウス” が vol.17 に掲載、
vol.15 には “宝塚のガレージハウス” も掲載されています。

しか~し!! 今回は “狭小ガレージハウス” 特集。
我が家の個人種目です。
さて、どんなツワモノライバル(?)達がいるのでしょうか?

が、いきなり表紙の “5.6坪から建てられる” の文字に愕然 … 我が家は7.1坪。
小ささを競ってるわけではありませんけどね。でも、何となく負けた感が。笑
 

続きを読む "ガレージのある家 vol.18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

New プチTV

新築祝い、第○弾。 New プチTVをいただきました!

物欲の波は止まりません。 そうです、半ば催促させていただきました。笑
 

Rimg0898

ダイニングテーブル用の19型TV。
熱く語る、つるべ師匠。
 

“こんな狭小ペンシルハウスで、ワンフロアにTVが2台もいるのか!?”
との声が聞こえてきそうですが … 要るんです。

細長~い家なので、しかもダイニングとリビングの間に段差があるので、
キッチンやダイニング側からリビングのTVが見えないのです。

ま、“見る必要は無い” との話もありますがw

 

狙っていたのはBRAVIAの22型だったんですけどね、3月のエコポイント対象商品の見直し駆け込み需要で、どこもかしこも、ネット通販でさえも品切れでした。
納期が5月以降と言われたら、物欲熱が冷めてしまうでしょ。さすがに待てません。

だだっ広い煌々と蛍光灯照明で照らされた電気屋さんで、数多くの他の商品と並べて展示されて見るのとは大違い。入れてみると、19型で大大満足です。
 

素晴しいお祝いの品、本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

リビングのチェア2

これまで、1脚しか置いてなかった リビングのチェア。

それで特に不自由してませんでしたし、我が家のリビングには2脚も置くスペースが …
といいながらも、家族は2人。やはりもう1脚いるだろうと。

“狭い空間を広く見せる演出” < “快適に過ごす”
住み始めてから、変わった考え方の一つです。

あれやこれやと2転3転した挙句、ようやく “ブラックパンサー” の相方が決まりました。
 

Rimg0890

“オットマン付きで1万円” という破格値が話題となった、無印の “リラックスチェア”。

まさかの導入ですw
 

『考え抜かれたラインと高度な技術でつくられた曲げ木のフレームです。他のソファでは味わえない、木の自然なしなりを利用した心地良さを実現しました。
試行錯誤を繰り返し実現した、チェアとオットマンの微妙な傾斜は足を支えるのにぴったりの角度です。両足とも思いっきり投げ出してくつろげます。』

 

以前に我が家の設計の フジハラ氏 がぽろっと口に出してから気にはなってたのですが、現物を見ることも無く、フレームのナチュラルカラーも我が家には違和感があり、結局は相方も カリモク60Kチェア 本命は揺るぎないものだと思ってました。

先日出た “カリモク60 Kチェア プレミアムヴァージョン 各限定70台” という、カリモク60+カリモクのコラボ、 栗・胡桃ver. は真剣に悩みましたけど。
国産の木材にこだわっての栗 or 胡桃のフレーム。張地は天然フラノウール、しかもブラウン。「コレしかないでしょ~」 とは思いながらも …

無印の店舗で現物を見て、IKEAで似たようなチェアが何倍もの値段で置いてあり(それでもお手頃なのですが)、10%OFFの無印良品週間の後押しが決め手となって(?)、いっときましたw。1万円というリビングのチェアにしては驚きの値段ですが、それでも結局は悩む訳です。苦笑
 

とりあえず組み立ててはみましたが、もちろんこのまま納まることはありません。
“あら、なんということでしょう~” ばりの変貌を請うご期待。
(→ フレームを削って、色を塗るだけですけど)

その肝心の座り心地は、確かに “リラックスチェア” と名付けられるモノです。
座面のクッションなんかペラッペラですし、張地の固定はマジックテープといった具合ですが、フレームの程良いしなりがフレコミどおりでいい感じ。オットマンを使うと、それこそ簡易ベッドです。

 

以前にカリモクを組み立て、今回も組み立ててみた感想 …
作りはやっぱり1万円ですw。過度な期待はご注意を。
それでも20分程で、付属の六角と手持ちのドライバーで難なく組み立てできます。

数年後、Kチェア2脚が並んでるんやろな~と思いきや、結構いい感じで納まりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

プチDIY

ホームセンターなどで売っている押入れ用 “桐スノコ”。
軽い、安い、簡単に切れるなど、我々素人でも容易に加工ができるので、
簡易な棚を作るときなどに良く使います。

必要なのはノコギリ、木工用ボンド、ドライバー、木ネジや釘のみ。

 

ダイニングテーブル下の収納用に、1つ作ってみました。

Rimg0875

材料費は500円未満、所要時間約30分。

2枚組みの桐スノコを購入して、半分に切ったり、長さや幅を合わせて切ったり。
今回の用途としては剛性を必要としないので、接着は木工用ボンドのみ。
 

Rimg0876

これが、ダイニングテーブル下に ↑ ピッタリとはまり、
 

Rimg0877

こうなります。
 

このスペース、ヘルシアやカロリエ等の電子オーブンレンジが来ても大丈夫なようにサイズを大きめに確保していたのですが、未だ新築祝いのあてがない。笑
仕方なしに、今までの電子レンジを使っていますが、それには大き過ぎ。

求む、電子オーブンレンジ。
 

続きを読む "プチDIY"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »