« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

New 冷蔵庫

新築祝い、第○弾。 New 冷蔵庫をいただきました!

これは第1弾。密かに、引越し前からこの家に鎮座しております。
 

Rimg0869

三菱電機 MR-C37R 【370L】

シンプルに、黒。 しかも、今年2月に出たばかりの新製品♪

 

探しに探した “幅600未満” の黒冷蔵庫。候補はいくつかありましたが、価格・機能・デザインの総合点で満足できる物は数少ない。

以下、惜しくも落選した候補者達。
 

Photo

amadana ZR-441 【256L】 \147,000

これは秀逸デザイン。確かにカッコイイ。でも、小さいクセにお値段が、怒。

この商品は三菱電機のOEMな訳ですが、元のモデルが5万円以下で売られていることを思うと、その差額がデザイン料?取っ手と面材に10万円!?
私はそこに価値を見出せませんでした …。

Pana

② Panasonic “NIGHT COLOR シリーズ” NR-C379MG-CK 【365L】

発売前からチェックしてましたが、現物を見て … 微妙~。

面材がガラスなのは良いのですが、妙な紋様が入ってるんです。残念。
しかも、細かな詳細が、いかにも “デザインしました!” とアピールされているようで、またそれが微妙なんです。 ※ あくまでも私個人的な感想です。

実売価格も12万円超と、このサイズながら割高なのも悪印象。
 

Photo_4

③ サンヨー SR-D27R(K) 【270L】 オープン価格 

これも “デザインしました!” 感が強いのですが、ヤリ過ぎ感が無く、無印良品に通じるシンプルデザインで許容範囲。小さめなサイズ&お手ごろな価格。

自分でお金を出して買うならこれだったかも?ただ、一人暮らし用?
しかも、09年03月発売と、ちと古い。

 

さて、これまでの我が家の冷蔵庫といえば、一人暮らし時代に(しかも奥さんの)使っていた冷蔵庫をかれこれ十数年に渡って使用。それも、150リットルにも満たない超コンパクトモデル。

それでも、それほど不自由はしてませんでした。笑
週2回程度の買い出しで、毎回ほとんどを使い切り。ほぼ、ストック食材は無し。
満タン → 空っケツ の繰り返し。
いつも計画的にキレイに家事をしていただき、誠にありがとうございます。

 

引越しして2週間が経ち、ほぼ通常の生活に戻りましたが、↓この状態。

Rimg0872

まさに分不相応のスッカスカ。持て余し気味w
 

素晴しいお祝い、本当にありがとうございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

新生活の準備

引越し後、初めての休日。

これまでに片付けはほぼ完了していたので、最後のダンボールを数個撤去し、
いよいよ本格的に新しいモノを買出しに!

IKEA → コーナン → 百均 → 雑貨屋 → 無印 → 植木屋 と、
メモを片手に怒涛のハシゴ。
それでも、意中のモノってなかなか見つからないものです。
(コストの縛りがキツイですから。笑)
 

Rimg0865

ほぼ片付いたとは言え、お見せできるのはこの一角のみw

至福の一角です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

New 炊飯器

新築祝い、第○弾。 New 炊飯器をいただきました!

転居後5日目にして、ようやく炊きたて熱々の米が食せます。

Rimg0859

ステンレスにブラックのラインがいいじゃない♪オレンジの挿し色がまた良い(!?)。
 

Rimg0860

内釜も土鍋釜でブラックがいいじゃない♪
 

新築祝いとしての希望を聞かれ、“黒い炊飯器” と申したのですが …
実はこちらのお方、某ガス会社にお勤めの方で、当初は従業員割引でお得に買えるガス炊飯器を贈っていただく約束をしていました。
が、ご存知のように、減額案でガスコックを削減し、電気炊飯器のみ対応の我が家。

確かにガス炊飯器はおいしく炊けると評判ですが …。
でも、昨今の電気炊飯器の多機能&高性能ぶりったら、目を見張りますし …。

→ 結果的にガス屋さんからIH炊飯器をいただくことに m(_ _)m
(従業員割引の話はどこいった!?)

しかも、“黒い炊飯器” を探すのにご苦労された様子。
私も知ってます。黒い家電が希少なことは …。
 

実際、炊飯器はダイニングテーブル下の隠し収納に隠れますので、“黒でなくても全く問題無し” とお伝えしたところ、“いや、探し出す!” とのお返事をいただきまして。

本当にありがとうございました。感謝。

真っ黒よりも、ステンレス&ブラックのこちらの方が格段に良いですね。
ブラックステンレスの炊飯器が無い限り、黒は所詮ぷらっちっく製ですから。

 

それにしても、この度の新発見。
“さとうのごはん” を代表とする、レンジでチンするお米ってなかなかの美味。
これまで食べたことがなく、完全に舐めてました。驚きの冷凍技術です。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

補助金ゲッツ!

引越しの荷物を片付けている際、未開封の封筒を発見。

この封書、お得な匂いがする … エコジョーズの補助金(←過去記事) 関連のモノ。
 

早速、中身を見てみると …

Rimg0858

補助金ゲッツ!! にま~んにせ~んえん。
 

ウン百万単位の見積りとにらめっこしている時は金銭感覚も麻痺し、“ありがたみ” も “重み” もそう大きくは感じられませんでしたが、今この時期に、忘れていた お小遣い は非常に魅力的♪

竣工後の工務店さんとの最終精算も終わった後ですからね。
どこかの追加費用に吸収されることもなく、純粋にお小遣い♪

何をいきましょうかね~。
サラウンドバックSPでも追加して、いきなり 7.1ch 化 … (笑

 

あ、カーテン買わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

引渡し完了。引越しも完了。

着工から163日。 5ヶ月と12日。

間に年末年始を挟んだので、工期はだいたい5ヶ月といったところでしょうか。

桜も開花し、ついに我が家が完成。引渡しを受けました。
 

で、その翌日。… 引越し。

ご想像の通り、引越しのドタバタでブログの更新どころではありません。

(本当は新しくなった 5.1ch のホームシアターで遊んでるんですw)
 

これまでの家づくりの様々な経過を考えると、書きたい事が山盛りなのですが、
引越しのドタバタと、まだまだしばらく続きそうな片付けと、満身創痍。

何と言っても、我が人生初となる戸建てでの生活。
3階建&スキップフロアが思いのほか、両ふくらはぎに効きます。

すぐそこにあるカッターを取りに行くのに階段5段。
そこのコップを取りに行くのに階段5段。常に踏み台運動をしているかの如く。
これは想定外でした …。鍛え上げられたヒラメ筋ができるまでの辛抱です。

 

生活の光が入ると、またちょっと雰囲気が変わります。

Rimg0855 
実際に入ってみると、“あれもせな”、“これもせな” と、また楽しみが増えました。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

最安の火災保険探索

戸建でも賃貸でも、住まいに掛ける保険、火災保険。
コイツに頭を悩まされました。
 

なぜなら、これから我が家のメインバンクとなる(?)紀陽銀行さんがですね、

“35年一括での加入をお願いします” と、のたまう。

質権設定もしないのに、なぜだ。
銀行側のリスクヘッジのために、顧客に過大な負担を課すのは、なぜだ。
あくまでも、当たり前のように。 さも、“それが何か?” と言いたげに。
 

一般的に、火災保険は当初の10~15年程度で加入し、その期間が終わればその時に改めて見直しをして継続するという感覚でおりましたので、15万~20万程度かな?とざっくり考えておったのですが …

“35年一括” で見積りを取ると … 80万越え。 ありえへん。

内容を見てみると、家財保険が手厚くふんだんに保障されていたり、地震保険がMAXで入っていたりと、あまりにも過剰な保険でしたが、それでもありえへん。

鉄骨造なのに … 準耐火構造なのに …。
 

ワタクシ、実は “保険” と聞くだけで嫌悪感を抱くくらい、保険嫌い。
昔、色々あったんです。(怒

ですので、個人的には必要最低限の保障で十分と考えていましたので、県民共済の火災共済を適当に年払いで加入でもしようかと考えておりました。

が、冒頭の発言を聞く。
 

そこで、まさかの火災保険検討開始。
 

続きを読む "最安の火災保険探索"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

“和モダリアン” なガレージハウス

先週末、これまた衝撃的なお宅が完成を迎えました。

和風+モダン+イタリアン = 和モダリアン !?
 

それはそれは、見所満載なお宅です。

Ura1

Designed by Ichiro Tanaka

設計デザインは “宝塚のガレージハウス”、“和メリカンなガレージハウス” を手掛けられた車好きな建築家、田中いちろう氏です。(勝手にパースを載せてスミマセンw)

Rimg0836

Rimg0837

プレゼン時のイメージとほぼ変わらず、建てられました。
お施主様の好みと建築家のセンスが、当初からがっちりと噛み合った好例です。

マットな黒ガルバリウム・スパンドレルの外壁が印象的。
 

続きを読む "“和モダリアン” なガレージハウス"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

竣工写真撮影大会

連日の極寒雨アラレが過ぎ去り、春の気配が戻ってきた今日。

プロのカメラマンさんによる、竣工写真の撮影が行われました。
 

Rimg0805_2

話題の “撮り鉄” ならぬ、“撮り家” の面々。笑

建築専門のカメラマンさんによる写真は、目を見張る作品となります。
 

そんなカメラマンさんの後に付いて回り、カメラアングルをパクって …

Rimg0810

Rimg0817

なんだかプロ並の写真になったような気が … いや、やはり全然違う。

何と言っても、こちらはコンパクトカメラ。

Rimg0809

こんなアングルもあり。
  

Rimg0813

やっぱり、細っ。 2歩半なのは、こちら側。

 

内部の写真は、請うご期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

木製ブラインド

本日も、テンションの上がるイベントが発生。

連日の投稿ですw
 

Rimg0791

モロダシでマルミエだった2面の窓に、ブラインドが取り付けられました♪
これでようやく、プライバシー確保。「何のお店だろ~ね~」と言う声も届きません。

ほんまモンの木製ですよ~。分厚い羽の質感が秀逸。
… 諦めないで良かった。感涙

3,100 もの高さの木製ブラインドを作ってくれるところ探しで難儀しました。
お陰でサイズばっちり!

ちなみに、奥の サイドテーブル と手前の行灯照明は、カリマジ製
 

Rimg0794

カリモク60 “モケット・ブラック” も組み立てられ、一気に雰囲気が出ました。

ブラインドであれば、外の下からの視線を遮りながら、上からの明かりを確保可能。
 

Rimg0797

閉め切ると、それはそれは … ♪

いよいよ目標とする 蘇州園 に近付いてきました!?

 

こんな空間、住みこなせるのだろうか …。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

ダイニングのチェア

完成見学会のレポートはヒトに丸投げをしまして(minihaleさん、スミマセンw)、
行って来ました “カリッジマーケット”。アジアン家具のネットショップです。

以前に一度、実物を見に倉庫までお伺いしまして、取り置きをしてもらっていました。
 

休日の朝から高速をビュンと飛ばしまして、約束の時間に30分以上遅れ orz。

にもかかわらず、「雨が降っているのでお気を付けて!」 とお気遣いいただき、
冷たい突風が吹き荒れる外で、「お待ちしてましたー!」 と笑顔でお迎えいただき。

カリマジさんのHPを見れば解りますが、取扱う商品のセンスやリーズナブルな価格設定だけでなく、むしろスタッフの皆さんの心温まるおもてなしが非常に魅力的なお店です。

お好みですが、アジアン家具をお探しであれば間違い無く イチオシ! です。

 

で、早速、置いてみました。

2

チーク・バタヴィアチェア(ラウンジチェア) をダイニングチェアとして。

我が家のダイニング&キッチンは天井高が 2,100 と一般よりも低く抑えてあるので、
圧迫感を軽減するためにダイニングテーブルの高さも低いのです。
ということで、通常のダイニングチェアではなく、ラウンジチェアを選択。
 

続きを読む "ダイニングのチェア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

完成見学会

先の週末、無事に完成見学会を開催することが出来ました。

これもひとえに事故無く安全に施工をしていただいた (株)じょぶ のまーろんさんと棟梁をはじめ、職人の皆様、じょぶのスタッフの皆様、そして施主の意向を汲んで現場の監理を確実にこなしていただいた フジハラアーキテクツ のフジハラ氏のお陰です。感謝。

洗い工事も終わって、全貌が現れた我が家を見て、まさに感無量。

Rimg0761_2

 
見学会当日は、施主でありながら小間使い(?)スタッフとしてパタパタしていましたので、実のところ未だじっくりと見れておりません。

そんな見学会の様子は、当日ご参加いただいた minihaleさん のレポートを楽しみにお待ちください。素晴しい写真と共に、素晴しいレポートがUPされるはずです。(ハードル上がっちゃいました!?笑)

ご参加いただいた皆様には、“土地が39㎡で建ぺい率60%”、このキーワードだけでかなり驚いていただけました。良い意味での驚きであったかどうかは別ですが …。
 

この期に及んでですが、我が家を色んな方々に見てもらうって、なかなかこっぱずかしいモンですね。これまでいかに何気もなく自画自賛していたことか。

ま、これからも自画自賛っぷりは変わらないと思いますが。

 

さて、これから 施主検査 → 手直し → 融資実行 → 引渡し → 引越し とイベントが目白押しです。が、それまでに決めないといけないことの期限も迫ってきてます。

火災保険とかどーしよー ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

買うたろう!商品券

関西圏に住んでる方ならご存知の方もいらっしゃると思いますが、大阪府が発行(?)する期間限定のキャンペーン商品券があります。

その名も、 “ぎょうさん買うたろう!商品券

その名の通り、うまいこと調子に乗せられました …。やるな、橋本知事。
 

Rimg0740

1冊1万円で1,150円の券が10枚付いてるので、1万円当り1,500円お得になります。
解りやすくいくと、対象商品全品15%OFF!  いい響きですw

この新築の機会に、“欲しいもの盛り沢山!” な私にとって、タイミング良すぎ。
“引越し後、様子を見てから …” と思っていたモノも、今買わないと損する気分。
橋本知事の策略にまんまと嵌ることにしました。 セコイ 単純 … 笑。
 

例えば、要チェックしていたホームシアター用アンプ。ヨドバシカメラで43,800
それに10%のポイントが付くので、実質は39,818円。(1割引ではありません)
価格.com での最安価格は38,000円
ということで、価格.comを利用して通販で購入しようと思ってました。

そこに、この商品券の登場となるのですが、ヨドバシでは使用不可なので、
ナンバまでわざわざ足を運びまして、ビックカメラへ向かいます。(電車賃460円)
価格はヨドバシと同じ43,800円+10%のポイント。(ここまでだと、実質39,818円で同じ)
商品券38枚(1,150円×38)+100円で買えるので、38,100円に4,380Pゲット。
= 実質34,171円で購入できたということ。

説明が解り難くて申し訳ありませんが、要するに、電車賃を差っぴいても価格.comの最安価格より3,000円以上お得に買い物ができたということ。ヨドバシ価格とでは5,000円以上! あれ?そんなモンだったか …。

いや、その5,000円でパイプハンガーの追加料金がチャラになるのですw
トイレットペーパーホルダー&タオルハンガーが付くのですw
金に細かい面倒臭い男ですw

他にも様々な商品について嵌められましたので、その効果は絶大。
ま、休日を半日潰された時間の費用対効果は置いといて。

 

家電量販店でミチミチに価格交渉をするのが得意であったワタクシ。それが近頃、めっぽう面倒になってきまして(店員さんの当たり外れによる)、もっぱら通販で最安を探すことが多かったのですが、久しぶりに店頭で大掛かりに買い物をしましたよ。
送料までケチって(笑)、両手を痺れさせながら帰宅。

画面で “ぽちっ” では得られないストレス発散をしてきました。

 

そう、この商品券、もとはB先輩の作戦で、うまく便乗をさせていただきました。
心より御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

いよいよです。

着工149日目。 本日も現場での定例打合せを行いました。

いよいよです。
 

Rimg0753

Rimg0744

Rimg0742

これが、ほぼ全貌ですw
 

続きを読む "いよいよです。"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

黒いタイル その後

先日、悩みに悩んだ、キッチン壁面の “黒いタイル”。

atashi-nchiさん、その節はお世話になりました。)
 

その結果 … ↓

Rimg0747

“黒” ちゃうやんw

… そうなんです。色々検討しましたが、結果、床のタイルを貼ることに。
 

Rimg0729

これ ↑ が床のタイル。

床のタイルが貼られた現場を見て、それがそれが大変いい感じだったもので、
“この床のタイルを貼りましょうか?” の一言で決定。

マットな黒(っぽい)という条件も満たしてますし!?
 

Rimg0749

窓枠周りもキレイに納まっています。

目地はとらず、タイルの小口(切れ目)をカバーするような役物も一切無し。
フジハラ氏が気にしていたところですが、実のところ私はよく分かっていませんでした。

が、とてもスッキリ納まっています♪

 

お手入れのしやすさは … まぁ、何とかなるでしょう。笑

いや、申し訳ありませんが、よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »