« 森、復活。 | トップページ | 設計変更案 -最終章- »

2009年9月 6日 (日)

浮遊するビューハウス(仮称)

驚愕の上棟 から早や2ヶ月半。例のお宅が完成を迎えました。

今回も “驚愕の竣工” でしたので、また勝手に紹介してしまいます。
 

Rimg0002

これが着工前の模型。

 

Rimg0813

模型そのまんま、建ちました。

写真で見ると迫力半減かもしれませんが、RC造と鉄骨造の組合せでなしえる、
家全体の大きな跳ね出し!実物を見るとまさに驚愕です。
 

Rimg0815

かっこ良過ぎの玄関周り 。美術館!? … とても住宅とは思えません。

ガラス扉の玄関の奥には1階(ココは地階)へ上がる2階層分のらせん階段が鎮座し、
左手の “ギャラリー” とも思わせるガラス張りのスペースは、憧れの書斎。
 

Rimg0810

ここまでのモノになると、まるで芸術作品。 “オブジェ” ですね。
もちろん、エレベーターも完備しています。
 

Rimg0818_2

デザインと使い勝手にこだわった、オーダーキッチン。ココも、跳ね出し。
背面や壁面に備わる、お手持ちの家具が映えるように真っ白です。
 

“んっ!?” … とお気付きの方もいらっしゃると思いますが、

Rimg0821

そうです、換気扇は グリーンハイキ です。
レンジフードを壁付けにすることで、キッチン周りの見え方が歴然と “スッキリ” !!
いま一度、正面からの写真をご覧下さい。
壁面はパネルではなく、天板を延ばすこだわりよう。
 

“スッキリ” つながりでいうと、

Rimg0820

操作パネルが激薄の Panasonic製 食器洗い乾燥機。面材を変えることができ、
ちょっと高いけどイチオシです。機能も良い(らしい)。
 

キッチンの照明も、

Rimg0822

切込みを入れた天井にダクトを仕込み、スポットライトをスッキリと配置。
これ、我が家でも採用です。リビングからダイニングまで “ズバーッ” と。
 

私、個人的にメッチャお気に入りのスペース ↓

Rimg0823

外観で最も跳ね出していた角っこの和室。山側の緑が良い雰囲気を演出。
ゲストルームなのですが、ワタクシなら、ここに引き篭もります。
 

Rimg0824Rimg0825

こだわりの T-form製 シャワー水栓。
こんな箇所まで紹介していいのでしょうか … !?
 

Rimg0826

今話題の(!?)給・排気口もシンプルデザインで Good です。
壁面各所に散らばさせず一箇所に集めるあたり、外観へのこだわりが感じられます。
コレ、雨だれの汚れ防止の機能があるそうです。これもアリですね。
 

Rimg0828Rimg0827

建具の取っ手まで、いちいちカッコイイ。
ステンレスの5mm位のフラットバーを埋め込み。建具も天井まで、もちろん枠無し。

 

こちらの設計監理は フジハラアーキテクツ の藤原誠司氏。我が家の設計士さんです。
おかげで2割り増し位の色眼鏡で見ているかも知れません

ちなみに我が家はこんなに “カッコイイ” くはなりませんけどね。
なんてったって、オリエンタル・リゾートですから。目指せ 蘇州園 のイメージですから。
コレ ↑ 、たまに言わないと忘れてしまいます。

 

ここでちょっとだけ宣伝です。

こちらのお施主様のご好意により、完成見学会をさせていただけることになりました。
個人的に綴っているブログで仕事的な話題はどうかと思っていたのですが、
もしご都合が付く方がいらっしゃれば、是非!見て欲しいと個人的に思いましたもので。

ご予約は こちら からどうぞ。
 

|

« 森、復活。 | トップページ | 設計変更案 -最終章- »

建築(その他)」カテゴリの記事

コメント

…ぱらさんは本当にいろんな物件を拝見されているのですね~
(大胆なご自宅案にも納得です)
しかしこのお宅、お金にイトメを付けてない感がアリアリ(羨ましい…)

9月着工計画はいかがでしょうか?
自邸、危惧していた部分が解決したり、「アチャ~」だったりと忙しい日々です。
吸気口はごく普通のモノになりました…
(ま、こんなものでしょうね)
アンテナもなんとかスカイウォ-リーに決定です。

「ごく普通の、ちょっと感じいい家」を目指してまい進中です~

投稿: atashi-nchi | 2009年9月 9日 (水) 22時35分

atashi-nchiさん>
趣味(!?)と実益を兼ねた、仕事柄の特権です!
副作用として、自宅の見積り調整が難航するといった職業病も
もれなく付いて来ますが …。

このお宅、“お金にイトメを …”と言われる様に、豪華絢爛に見えますが、
様々なトコが実に合理的に、お金を掛けるトコ、掛けないトコのメリハリが。
施主の想いをよく理解した設計者と、設計者の意図を尊重する施主の
お互いの歯車がしっかりとかみ合いました。
それに比べてワタクシは …。自己中に狭い視野でワガママばかり …。

atashi-nchi邸もいよいよ佳境を迎えられている様子!
悩みも多いですが、楽しそうですね~(!?)

我が家もようやく出口、いや、入り口に到達しました!
着工前準備の状況では10月着工になるかもですが …。
超狭小の変形鉄骨造、事前準備が色々あるそうです(苦笑。

投稿: ぱら | 2009年9月10日 (木) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮遊するビューハウス(仮称):

« 森、復活。 | トップページ | 設計変更案 -最終章- »