« 設計変更案 その② | トップページ | 再度山 ~ 六甲山 ② »

2009年8月25日 (火)

三田の家

先日、仕事でお手伝いをさせていただいたお宅の1年点検に行ってきました。

このお宅、新築したての時には想像もつかなかった進化を遂げていました。
 

S51itn5001_2
 

お引渡しをしてからも何度かお伺いさせていただきましたが、次第に味が出てくるといいますか、馴染んでくるといいますか。
床に付いた傷も、壁に付いた汚れも、家族の自然な経過となって、時が経てば経つほど、落ち着きのあるいい雰囲気になってきています。

それは無垢の杉フローリング、自然塗装、白い漆喰塗りの壁など、本物の素材を使う事で出てくるんでしょうね。合板フローリングやビニルクロスでは出ない雰囲気です。

 

全てをご紹介することはできませんが、一部をちょっとだけ … また勝手に。

 

Rimg0703

アンティークなモノがお好みだというお施主様。外回りや植栽もいい感じにされてます。

 

Rimg0692_2

この換気口?吸気口?シンプルでフラットなデザイン、いいじゃないですか~。
普通の 「パカッ」 と下に口が開いたフードみたいなんとは違います。
こんなトコ見てる人、新築計画中の人だけです … パクります。品番調べよう。

 

Rimg0700

石灰クリーム塗りの壁に光があたり、左官の素材感が感じられます。

 

Rimg0702

アルミアングル巾木。こんなちょっとしたことが、全体のデザインに影響します。

 

Rimg0695

上階からリビングを覗く。隣接する池の水面が家のどの位置からも見え、外からは完全に閉じられているにも関わらず、内からは完全に開いた開放感が格別。

 

Rimg0701

設計者オリジナルのステンレス製レンジフード。これもアリです … そう、我が家に。
壁面はキッチンパネルではなく、素材感のあるボードに塗装。これもアリですね。

 

Rimg0699

杉無垢フローリングと漆喰壁とアンティーク。家のいたるところに雰囲気のある小物が。

 

S53itn5003

外観から内部を想像する事は誰にもできません。
外壁はフラットサイディング+塗装。

 

設計監理は 藤原・室 建築設計事務所 です。この家の詳細は←HPに載ってます。
相変わらず、勝手にスミマセン …。

良い “作品” ではなく、家族と住まいが寄り添った、いい家です。

|

« 設計変更案 その② | トップページ | 再度山 ~ 六甲山 ② »

建築(その他)」カテゴリの記事

コメント

スゴイ!!カッコいいです~!!
アルミアングル止めただけのラフな仕上がりの巾木など上級テクですよね!
壁の風合いを引き立てる心憎い技。

換気口いいですね~。こんなの、あるんですね。
我が家は先週、設計士さんが工務店に「普通ので…」と発注していました(涙)
これってお高いのかしら?
換気口をグレードアップするなら、もっとしなきゃいけない部分が多い我が家ですので我慢我慢。
(ガルバの雨どいも同じ理由で却下されております…)

外壁、例のフラットサイディングですね!
センス良いお宅で見ると高級感さえ漂いますね~。

投稿: atashi-nchi | 2009年8月26日 (水) 07時26分

家の “完成” は竣工時ではなく、住む家族の生活に馴染んだ時だと改めて認識させられました。
できたての時が一番キレイでかっこいい家ではなく、時が経つにつれて雰囲気や味が出てくる家、我が家もそうありたいものです。

この換気口はアイエム(株)の “フラッティー型” というモノだそうです。
HPを見ると、出っ張るタイプの “デバッティー型” なるモノも。(笑
価格は多少割高になるんでしょうか?
いや、この “多少” の積み重ねに悩まされるんですよね …。

そうです、コチラの外壁が例のフラットサイディングです。
“安い” イメージが先行する素材ですが、これをチープに見せることなく使いこなすセンスはさすがです。
我が家は目地の割りが倍となる3×10板を使う予定。
横目地は増えますが、幅広がポイント♪

投稿: ぱら | 2009年8月26日 (水) 23時08分

ぱらさん、このお宅ってトステムコンクールで金賞取ったんですよね~。
同じ回で、アタシの憧れの伊礼先生も「世田谷の家」で同じく金賞を取っていたんです!ビックリ!!
この記事を拝見してから、換気口の存在が急に気になり始め…
前回の打ち合わせまで空いていなかったリビングの換気口(吸気?)が部屋の真正面にポッカリあいていたのに撮った写真を見て気づき、早朝にも関わらず慌てて設計士さんに連絡とりました。小さい家だといろんなものの配置が凝縮されるので、余計目につくんですよね~。
(だって、今日明日には外壁工事完了してしまうんですもの…)
小さな吹き抜けに換気扇をつけたために自然吸気口として設置するみたい…。
何も言わなければ、チープな白いプラ製の室内カバーが付くハズです(涙
外壁はもうできてしまったであろうため、最悪は外はカバーでふさいで中は壁貼ってしまうという手があるらしいのですが…。
なんだか釈然としません。
癪なので付けて正解!という風にしたくて一日アレコレ考えていました。(仕事、しろっ!!て感じですが)
ぱらさんに教えていただいたアイエムのHPで「木製換気口」っていうのを発見し、これをつけるか…あるいはプラスティックのものに何か細工するか…(設計士さんのお兄さんが革職人なので、革でくるんじゃうとか!?)今日は一日妄想しておりました。
強制排気するのなら吸気口が必要というのは頭では理解できるのですが、今の家でも前の家でも換気口を開放したことすらないアタシなものですから。

良いアイディア、ございませんでしょうか?
(半分、愚痴&しかも長々と…ゴメンナサイ)

投稿: atashi-nchi | 2009年8月27日 (木) 21時42分

あれ … ワタクシ、いらんお悩みネタを与えてしまいましたか!?
言われると、気になってしまうんですよね。わかります。
私もこれまで “知らなければ …” ってこと、数知れず。

細かく言い出したらキリが無い事は良くご存知だと思いますので、対策は …「気にしない!」これに限ります。
はい、答えになっていませんけどね。

私も換気口にせよ、巾木にせよ、上り框にせよ、窓枠の下台にせよ、断熱材のグレードにせよ、棚板の材にせよ、建具のハンドルにせよ、スイッチプレートにせよ …
まだまだ無限と思えるほど、“できればちょっとイイやつにしたい” とコストアップになる項目をことごとく「気にならない!」と思い込むようにしました。
要は優先順位。アタシんちさんはわかっているはず …。
そういう私も、同じ悩みを抱えている為に着工できないんですからね …。工事契約前を思い出してください。涙

それにしましても、アタシんちさんの設計士さんのお兄さん!皮好きのワタクシとしましては、実は以前からかなり興味津々。見たいな~、皮巻きの換気口。冗談ではなく、これは “短所を長所に!” の法則です。
皮の端材を貼り合せた床、㎡ナンボでやってくれるか聞いといていただけませんか!?

投稿: ぱら | 2009年8月28日 (金) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三田の家:

« 設計変更案 その② | トップページ | 再度山 ~ 六甲山 ② »