« 見積り 第①弾 | トップページ | 見積り 第①弾 【内訳】 »

2009年7月14日 (火)

幻の見積り 第③弾

見積りの第②弾が未だ届きません。

日頃、何かとお世話になっている工務店さんにお願いをしたのですが、正常な神経では考えられない 高い目標数値を聞かされて、一般的な適正価格で出てきているにも関わらず下手な金額では出せないと、調整に難航しているのではないでしょうか …。

ご心労をお掛けいたしまして、申し訳ありません m(_ _)m 。

 

ただ、通常2週間程度で出てくる見積りが、ボチボチ4週が過ぎようとしています。
お願いした工務店さんを信じて待ちたい反面、心中穏やかではなくなっているワタクシ。
思い余って、見積り第④弾の依頼をしてしまいました。

土壇場になってバタバタしてます。完全に素人です

 

そう、次の見積り依頼は “第④弾” なのです。

実は、以前に見積り第③弾を依頼していた経緯がありまして、そこからは 見積り辞退 との返事を受けていました。

 

※ 続きは注文建築ならではのマニアネタですので悪しからず。

その依頼先は “重量鉄骨” を得意とする某ハウスメーカーさん。
とある縁がありまして、“施工だけでもできないか?” とお願いをしてみたわけです。

と言いますのも我が家は鉄骨造、形によっては至極特殊な施工方法となります。我が家といえば … 柱梁を隠すために壁をふかしたり、高低差のあるスキップフロアだったり、壁が斜めだったり … はいその通り、特殊です
木造を得意とする工務店さんは数多くあるのですが、鉄骨造となるとそれほど事例も多くなく、特に住宅ともなれば細かい収まりが一つ一つ、木造の現場で職人さんの熟練の腕でうまく収める、といくものも多くはありません。RC造同様、建ち上がってからの融通が効き難いのです。しかも木造とは現場の流れも違うので、現場を担当される監督さんにもある程度の経験と能力が必要との事。

ま、施工的な内容はともかく、まずは価格的に …
特に木造と大きく変わるところが “基礎” と “躯体”。この2点だけでも合理的にできないか?との希望的観測にて、“重量鉄骨” を得意とするメーカーさんにお願いをすることを考えました。
そこであれば、普段から鉄骨造の基礎も慣れてお手のモノでしょうし、鉄骨の躯体の発注も大口での得意先があって合理的におさまるのでは!?と謀略した訳です。

 

ただ、メーカーさんは自社での設計&施工が基本ですので、これまで設計を単独で建築家に依頼する我々には無縁(?)の世界でした。普通、完成した図面を持って積水ハ○スや三井○ームに “見積りしてください” とは行きませんよね?

※ 大手のメーカーさんには “特建事業部” や “コンサルティング○○” などといった、メーカー独自の規格を用いずに一からの注文建築を手掛ける部署もありますので、できないことは全くありません。中には独立アトリエ系建築家も顔負けの、素晴らしい設計をされる設計士も多く在籍されています。
ですが、これまでの経験上、“安く” あがった例がありませんので …。(結局、施工は下請けの提携工務店に○投げとも。)

 

結局は、“自社の規格に合わせた仕様に変えることができれば、合理的にできると思います” とのお答えでした。

途中で仕様の変更についての相談があったのですが、ワタクシが頑なに “この図面のままで” と押し通したので、それでは到底希望予算に収まらないとの判断をされたのでしょう、見積りの辞退をされました。

そんなん、今更仕様変更なんかできますかいなっ

ましてや我が家は部屋の内側の有効幅から壁の厚み、配管の通るパイプスペースまでミリ単位で煮詰めてきましたからね。構造の検討も完了してますし、“規格に合わせる” なんて簡単に変更できますかいな

しかも、肝心の “基礎” と “躯体” について、某社仕様はグレードが高くなるので、費用も高くなるとの事。… 全くもって、意味無いやん

 

という、後日談でした。

それにしても、メーカーの積算担当の方にも、“そんな予算でできるかいな!” と突き返された我が家の仕様、どないなってるんやろ …。

 

早く着工したいな~。

 

|

« 見積り 第①弾 | トップページ | 見積り 第①弾 【内訳】 »

住まい・設計」カテゴリの記事

コメント

ご苦労がしのばれます…。
ぱらさんのことなので裏技やらがありそうで楽しみな予感も半分(笑
アタシんちはブログどおりのある意味、残念な感じで進行中です。
建坪6坪での挑戦…。
まぁ、こんな感じなのでしょうか?
でも出来の悪い子ほど可愛いとは良くいったもので。
少々難ありでも、住まい方次第で…と割り切ることにしました。
アートな3Fもある意味、楽しみです~
上見ても仕方なし…(お金持ちの家づくりってことです)
意外とオンナは強いのかも!?と思う、今日この頃。

投稿: atashi-nchi | 2009年7月15日 (水) 21時02分

atashi-nchiさん>
何をおっしゃいますやら!
いつも楽しく拝見させていただいておりますが、
順調に、元気に、かわいらしく育っているではありませんか!
さすがに水道引込みの件では、こちらも身につまされる思いでしたが …。

手間の掛かった子は、大人になったら立派になるもんです。
私はそう割り切っていく事にしました。
まだまだ手間の掛かる時期ではありますが、子の反抗にどこまで耐えられるか …。

投稿: ぱら | 2009年7月16日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻の見積り 第③弾:

« 見積り 第①弾 | トップページ | 見積り 第①弾 【内訳】 »