« 我が家の仕様 【内装】 | トップページ | 見積り 第②弾 【内訳】 »

2009年7月22日 (水)

第二十四番札所 『中山寺』

自転車 で行く 西国三十三所めぐり、ついに始めました。 

Rimg0499

夏バージョンのパンフレットも取得済み。

本日の目的地は、第二十四番札所である 『 中山寺 』 です。
聖徳太子創建の名刹であり、安産祈願の寺としても有名” との事。
聖徳太子が創建した日本最初の観音霊場であり、かつては “一番札所” とされた時代もあったそうです。

それにしても、改めて西国三十三所を見てみると、それぞれ結構遠いんですよ …。
三十三所どころか、3ヶ所くらいで終わってしまうかもしれません
神戸から日帰りで無理なく行けるのは、6ヶ所くらいでしょうか?

ま、気が向いたときに、ボチボチとやっていきます。

 

さて、六甲から山手幹線をひた走り、西宮市と尼崎市の境を流れる武庫川へ。

Rimg0503

この武庫川沿いには自転車専用のサイクリングロードがあります。
上流で “武庫川” と “仁川” が合流する所までの間ですが、幼き頃、自宅のあった阪神武庫川 ~ 祖父母の家がある仁川まで、よくここを通ったものです。
その昔からなんら変わらない、懐かしい風景です。
信号も無く、車も通らず、ちょっと路面が荒れていますが快適な道です。

 

途中、なぜか また 通り道になったので通り過ぎることもできず、例のお宅 へ。

Rimg0518_3

いい感じに家庭菜園と植栽が増えています
ボチボチ 1年 (←訂正、半年)点検ですね。

 

また途中、いつもお世話になっている工務店さんにお立ち寄り。
そう、我が家の “見積り第②弾” をお願いしている工務店さんです。
今回のサイクリング目的、実はコレがメインとの目論みあり。

実は、昨日私が会社を休んでいる間に、見積りが上がったとの連絡が。
電話で軽く聞いたのですが、耳を疑う内容であったので、ちょっと 土下座 確認に。

あいにく社長も我が家の積算を担当していただいたH氏も不在でしたので、K氏と世間話をしていたところ … 帰ってきましたH氏。
さて、見積りの話を … と思っていたところ、このH氏は本気のローディ(←ロードバイクに乗る人)であったことが判明、乗ってきたMyカメを発見され、K氏も加わって自転車の話題一色に。“見積りまけてよ!” と本音を言いたかったのですが、小心者のワタクシは本題に入れず。そりゃ自転車をホメ殺しされてましたからね … 気分がのってしまって、それどころではない。
そんな時に帰ってきたT社長、この方もメカが好き …。

結局、気持ちは伝わらず 「また見積り確認して連絡します~」 の一言で、事務所を後にしました …。あれ、作戦負け!?

 

気を取り直して、目的地へ。

Rimg0521

時は既に17時をまわり、参道のお店も全て閉店後。

 

Rimg0522

『安産の寺』 だけあって、こんな階段にもエレベーター&エスカレーターがある。
時間が遅くて人っ子一人いませんでしたが、普段は参拝者のほとんどが妊婦さんなのでしょうね、バリアフリー化されたお寺は初めて見ました。

 

Rimg0525

はい、到着。 御朱印帳代わりの証拠写真です。

 

Rimg0526

エスカレータ設置だけでなく、非常にきれいに整備されたお寺です。
新しすぎ感がどうも … 全て建て替え or 塗り替え済み。
ココ、記念撮影スポットと案内板がありました。後方にライブカメラ付です。
家にいる家族もライブで動画が見れるんですって … どうなんだか。
お布施があまって仕方が無い雰囲気が随所に。

 

帰り道は散々でした。

バケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨に遭遇するは、後輪がパンクするは。

宝塚の小林駅付近でパンクに気が付きまして、修理の道具は一式持っていましたが既にびしょ濡れの雨の中、道端でやる元気は無い。“そういえば …” と覚えていた自転車屋さんにトボトボと歩いていくと、水曜定休日。こんな日に限って。

大きな道に出ると、よく見る自転車屋さんのチェーン店を発見!
「ラッキー!」 と思って店に入ると …

 

店員さん 「パンクですか … お預かりになりますけど。」

ワタクシ  「いやいや、どう見ても今から帰りますって格好でしょ、それは困る。
       「パンク修理のお預かりなんか聞いたこと無いわ。
       「後輪だけなので、なんとかお願いできませんか?」

店員さん 「今から撤収もしないといけませんし、営業は20時までなので無理です。」

ワタクシ  「何ぃ!時間通りに閉めたいだけかいな。しかしまだ30分もあるやん?
       「じゃあ、自分で直せるんで場所だけでも貸してもらえませんかねぇ?」

店員さん 「いや、ウチは場所だけとか道具を貸したりとかやってませんので」

ワタクシ  「そんなん当たり前やろ、わかっとるわい。
       「邪魔しませんし、修理道具も持ってますんでお願いできませんか?」

店員さん 「そこ曲がった所にパンク修理の得意な自転車屋がありますよ。」

ワタクシ  「あぁ … そうきましたか。既にやる気、まったく無しですか。
       「そこ、定休日でした。」

ボケ店員 「駅前にもありますよ。まだ潰れてなければ。」

 

このようなやり取りを、ずっと時計を見ながら、一度たりともコチラの目を見ることなく。
そりゃぁ閉店間際に行ったこちらも悪いけどね、パンク修理じゃ儲からんやろうしね。
ママチャリだけ売っとけ!『自転車ペダル 宝塚小林店』。名指しじゃ。

 

怒り心頭で、でも心寂しく、まだ潰れてないことを祈って駅前へ。
そこが無ければ、どこかの軒先をかりて自分で直そうと覚悟を決めたところ …
あるじゃないですか!まだ潰れてないじゃないですか!

おっちゃんが一人、引取り自転車を修理して売っている 怪しげな お店。
中古自転車が1,000円~ですよ …。

 

おっちゃん 「にいちゃん、そんなハイカラな自転車やったことないわ~。」

ワタクシ   「そうでしょうねぇ~。
        「いや、大丈夫だと思いますよ、構造はどれも一緒ですし。」

(ここで断られてはマズイと思い、そそくさとタイヤを外し始めるワタクシ。)

おっちゃん 「にいちゃん自分でできるんやろ?金いらんから自分やり~な。」

ワタクシ   「その言葉待ってました!のいて、のいて、場所貸して。
        「え?いいんですかっ!?」

 

といった具合。しかも、途中で手伝ってもくれました。「おっちゃんも目の保養になったわ~」 と、心くすぐられる一言付き。サービス業はこうでないと。

いや、本当に助かりました。阪急小林駅前商店街の中の一角、『大真コーポレーション』 さん、本当にありがとうございました!
皆さん機会があれば激安自転車&原付、買ってあげて下さい~。

 

本日の走行距離 : 47.4km

 

|

« 我が家の仕様 【内装】 | トップページ | 見積り 第②弾 【内訳】 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

夕方になると中山寺ってガラーンとしてるんですねw
アタシが行った時は、すごい人人人人人人人人人でした。

自転車でパンクは一番辛く、めんどくさいですね。
アタシの場合、パンク修理する機材もなく、尼崎から4時間歩きましたからね。。今はバッチリですけどね!

投稿: minihale | 2009年7月24日 (金) 00時06分

minihaleさん>
そうですよね、降雨時のパンクがこれほど辛いとは …。
物欲まみれですが、欲しいもの筆頭に “耐パンクタイヤ” が急浮上。
これまで既に2回パンクしました。

“ 耐パンクタイヤ > 手洗いシンク ” って感じです。

投稿: ぱら | 2009年7月24日 (金) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二十四番札所 『中山寺』:

« 我が家の仕様 【内装】 | トップページ | 見積り 第②弾 【内訳】 »