« 布引の滝と兵庫県立美術館 | トップページ | 幻の見積り 第③弾 »

2009年7月 9日 (木)

見積り 第①弾

ここ1週間ほどの沈黙。

そう、待ちこがれていた工務店さんからの見積りが出てきていました

おかげで夜な夜な見積りを見ながら電卓を片手に図面と睨めっこ。

 

あんなに楽しみにしていたのに。

いよいよ着工か!?と楽しみにしていたのに。

 

現実の世界へと引き戻されました

 

どっか~ん!   見積り大爆発。

やっちまいましたね~ …。

にしぇ~んよんひゃっくじゅうごま~ん。

 

いや、そりゃ~ … まぁ、それくらいするわなぁ …。

確かに、想定できてた範囲ですけどね。

「これくらいのボリューム、普通 2,500万くらいしますよねぇ」 と話題にした事もあり。

その想定額とほぼ同じであった事に、我ながら感心 … はぁ。

いや、それに比べたらちょっと安い。さすが、私が目を付けた(!?)工務店さん。

 

ただ、甘い期待ってものがあるじゃないですか、普通。

ガレージを抜いたら延床18坪無いでしょ? ( ← ナゼ、ガレージヲヌクノカ!?)

例え鉄骨でも坪100万出せばエエ家建つで~!それでも1,800万円!? な~んて。

 

そのほかにも … 思えば打ち合わせ中 …

「金額を見てから判断しましょう」 とか、

「ま、ちょっとくらいコストアップになっても」 とか、

「そんなに変わらないと思いますけどね~」 とか、

「最後は工務店さん次第ですからね」 とか

そんな根拠の欠片も無い、楽観的な期待の積み重ねが重く圧し掛かる。

まさに “見積り” です。積もっていくんです。

 

日々の仕事が仕事なだけに、“何とかなるやろ!” 感がいつも以上に強かったのは否めません。ただ、まさか皆様が同じ様に通る道を … いち素人として、全く同じ様に1歩づつ歩む事となりました。

宝塚のO様、T様、西宮のI様、柏原のW様をはじめ、皆々様。これまで打ち合わせ中、わかったような口で意見を言ってしまいまして、申し訳ありませんでした

 

でも … 何とかなりません!? しゃっちょさん!! 

こうなったら、直談判です。ちょうど、お中元のシーズンですしね、合法的な戦略を立てられそうです。“海老で鯛を釣る” 作戦!プレミアム でいっときます。

 

冗談はさておき …

見積りの項目ひとつひとつを確認していますが、夢と愛情とこだわりとがいっぱい込められた図面様。簡単に削れるところなど見つかるはずもありません。

確かに、分不相応な仕様もあります。

身の丈に合わせる必要性も感じています。

ただ、“今” やっておかないと、後でどうにもならないモノが色々あるのですよ!

 

… 堂々巡りになりそうです。

エンドレスな悩みですので、2社目の見積りが出てくるまでおとなしくしておきます。

はぁ …。

 

※ ショックによる情緒不安定にて、乱筆乱文ご容赦下さい。

 

|

« 布引の滝と兵庫県立美術館 | トップページ | 幻の見積り 第③弾 »

住まい・設計」カテゴリの記事

コメント

きましたねー!失礼ながら、嫁と笑ってしまいましたw

あれしたい、これしたいってのは楽しいんですが、ランクを落とすとか止めるってのは辛いですからね。。。

プロの見積りに続き、プロのVE案も楽しみにしておりますよw
ぱらsanなら抜け道を色々と知っておられそうなので何とかなりますよ!

投稿: minihale | 2009年7月 9日 (木) 21時47分

minihaleさん>
いやいや、私も笑ってしまいました。
いや違う、笑うしかありませんでしたよ …。

これまでとことん贅肉を削ぎ落として計画してきた(つもり)ですからね、仮に付いてるとしたら私には見えない贅肉なのですよ。

と言う事で、今後のVEはうちのB氏に依頼する事にします。
聖域無きVEを断行してくれる事でしょう。
いや、もはやそれはVEとは呼びません。まさに「コストカット」です …。
抜け道なんてありゃしませんよ~。涙

投稿: ぱら | 2009年7月10日 (金) 19時39分

いよいよ、出ましたね!恐怖の見積り。
ここからが腕の見せ所ですね~
アタシは泣いたり笑ったり大変でした。
…最近では、多少のプロポーションやディティールの
甘さも全然気にならなくなってきています。
(もちろん、やっちまった!?って、どっきりする部分は多々ありますけど)
とにかく、元気に生まれてさえくれれば…というまさに母親の気持ちです~(笑

アタシんちは順調に進んでいます!
ぱらさんちも、早く着工すると良いですね~
楽しみです。

投稿: atashi-nchi | 2009年7月10日 (金) 21時23分

アタシんちさん>
楽しみが一変、おっしゃる通り恐怖の見積りと相成りました …。
ここまで来るのに力を使い果たし、ここからの余力がありません。涙

と言いながらも、「なんとかなるやろ!」と楽観的です。
“住めば都”≒“建てば御殿”(!?)の心意気で頑張ります!


投稿: ぱら | 2009年7月12日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見積り 第①弾:

« 布引の滝と兵庫県立美術館 | トップページ | 幻の見積り 第③弾 »