« 不動産取得税 | トップページ | 慣らし運転 »

2009年4月27日 (月)

西国三十三所めぐり

カメレオン が入荷との知らせを受けて、テンションがあがりっぱなしです

新居での 置き ディスプレイ場所は考えていましたが、まさかこんなに早く来るとは思いもしていなかったので、現家での置き場所すら考えていませんでした 。ロックもないから外にも置けないので、愛犬の寝床になっているぼろぼろソファーを捨てて、引越しのための家具の整理を前倒しです。

また、スタンドもライトも、空気入れも、メンテナンス工具も ・・・ 何もない。さてさて、物欲魂に火が付いて気きましたよ~ 。せっかくなんでサイクルコンピューターも導入して ・・・ もちろん軽量タイヤに履き替えて ・・・ アカンっ!新居のグレードがますます下がっていく

 

自転車が来たら、やろうと思っていたことがありました。それが、ちゃりんこで行く “西国三十三所めぐり”。

Photo

このJRで取ってきたパンフレット、半年以上カバンに入れて持ち歩いていました

もともと神社仏閣巡りが好きで、古来の日本建築を見るとその趣深さを感じながら心落ち着かせていました。城や城下町、城跡であったり、“旧○○邸” やその資料館、近所の神社であっても、年代を重ねることでしか出てこない独特の雰囲気に惹かれます。神戸の北野周辺であっても、Ando建築よりも異人館ですね。建築業界の人間のクセに。

このパンフレットを手にしてたまたま知ったのですが、昨年の平成20年9月1日~平成22年5月31日までの期間、一千年来初めて全札所寺院一同にそろって、順次ご本尊のご開帳が行われるそうです。これは何だかチャンスのような気が!?ただ、建築物や佇まいの景色は好きなのですが、仏像とかにはあまり興味無いので ・・・ 特別拝観料とか言われると、外から覗いて終わりにしてしまうかも。

巡礼といえば何だかそれなりの格好をして、第○番札所といった順番通りにと思いがちですが、身構えることなく気が向くままにフラッと出かけてみたいと思います。門前町の雰囲気であったり、札所までの参道や境内の自然を肌で感じ、各所にある案内板を読んで歴史の深さを想いながら日常を少し離れてみることで、日常を見直してみるとか。

なんだか年寄り臭いことになっていますが 、真の目的はメタボリックな腹回りの粛清なんですけどね。丁度、いい季節になってきましたし、これを気にちょっと頑張ってみますか。

 

どなたか平日休みの方、ご一緒しませんか~?

|

« 不動産取得税 | トップページ | 慣らし運転 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西国三十三所めぐり:

« 不動産取得税 | トップページ | 慣らし運転 »