« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

アイデアをいただき。

前記事でご紹介した宝塚のガレージハウス。

私個人的に “ いただきっ!” と思ったモノがあります。

ちょっとだけご紹介します。いいですよね、T様

 

◆ 洗面用ミラーキャビネット

Molger

【 MOLGER 】 ミラーキャビネット

IKEAで見つけてこられたそうです。一目見てパクり決定。

正面の鏡が左右にスライドし、棚の奥も鏡貼りです。

 

一般的によくあるのが ↓

Jb00853

【 INAX 】 TSF-121KR/KJ

ミラー部が開いて、裏に収納があるタイプ。

 

Jb00789

【 INAX 】 TSF-222/KJ

ミラーがスライドするタイプ。

 

Rehomestore_ysl50m

【 TOTO 】 YSL50M

これも裏に収納があるタイプ。

 

と、“コストパフォーマンスに優れた” シンプルなものは、こんな素っ気無いものになりがちです。それでも数万円しますからね。

デザイン的にも、コスト的にもIKEAの勝ちでしょう

 

◆ 収納ユニット

Rationell

【 RATIONELL 】 引出し式収納アクセサリー

これ、スグレモノです。この画像では分かり難いですが。

例えば、奥に深い収納やキャビネット。入口付近に物を置いたら奥の物が取れなくなりますよね?間口の狭い場合、特に。

そんなときにコレっ

側面の壁にベースのステーを取り付けると、上・中・下のサイズの違う棚が引出し式に出てくるといった代物です。こんな物、家具工事で造作したらいくら掛かるか ・・・。

これも From IKEA 。自分で組み立て、取り付けくらいできます。

T様はサイズを互い違いにして左右両側に取付けされてました。ちょっとした収納が、それだけで大容量に、且つ、機能的になっていました。これも驚きの新発想。

 

特にIKEAをおススメしているわけではありませんが、あの 無駄に 広大な店舗に、探せばこのようなスグレモノもなかには 埋もれて 置いています。

また遊びに行きますので、アイデアをパクらせていただきやす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

雑誌の取材

雑誌、『 ガレージのある家 』 への掲載の取材を受けました。

と言っても、我が家ではありません

仕事でお手伝いをさせていただいた、宝塚のT様邸です。

 

昨年の12月にお引渡しをしてから、施主のT様、建築家工務店さんと、皆で集まるのは久しぶりでしたので、取材にかこつけて住まいづくりの思い出話に華が咲きました。かれこれ4時間以上お邪魔させていただいていましたね ・・・ T様、スミマセンでした

「ブログに書いてもいいですか?」 と聞いてみたところ、快く “OK” とのお返事をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

続きを読む "雑誌の取材"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

定額給付金

あまりにもベタなネタではありますが ・・・。

我が家にも届きました。

 

Rimg0065

身分証明書と振込口座のコピーが必要との事。

コピーをしに行くのが面倒臭い

窓口に取りに行くのはもっと面倒臭い

 

この12,000円で出きることと言えば ・・・ もちろん、建築で。

・ 表札のスチールプレートを溶融亜鉛メッキ仕上げにする。

・ 自転車のディスプレイフックを付ける。

・ 自転車へのライトアップ照明にセンサー機能を付ける。

・ 浴室に鏡を付ける。

・ 洗面やキッチンの水栓をグレードアップさせる。

などなど。

 

たかが ・・・、されど ・・・、できることは色々ありますね~。

うれしいプレゼントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

水槽リニューアル

心機一転、水槽のリニューアルをしてみました。

これも新築計画の余波!?

 

我が家には水槽が2つありますが、今回は幅30cmの小さい方。

“熱帯魚の飼育” というよりはインテリア的に玄関先に置いてあり、

照明の代わりになっています。

 

Rimg0017

買ってきた魚を、新しい水槽の水温とPHに慣らしながら。

 

Rimg0029

今回の新参者は、“グッピー” ♂×3・♀×3、“ゴールデンライヤーモーリー”×1、“シルバーライヤーモーリー”×1です。

 

何だかまだ寂しいので ・・・

Rimg0044

“ラミーノーズテトラ”×3、“ペンギンテトラ”×3、“ロージーテトラ”×3、“ネオンテトラ”×10を追加。

ちょっと賑やかになりすぎた感

ゆくゆく落ち着いたら、また水草をわさわさ生やします。

 

Rimg0027

こちらはもう一つの水槽で、魚も水草もわらわら入ってます。

 

問題は、この水槽たちを新居のどこに置くか ・・・ 。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

設計もいろいろ。

我が敷地は、もともと “建築条件付宅地” として売られていました。

そう、施工会社が既に決められている土地です。

詳しくは以前に “建築条件外し①” で一度紹介をしていますが、書類の整理をしていたらその時の参考プランが出てきました。

実施設計がほぼできてきた今、改めて見ると 「設計もいろいろやなー」 としみじみ思いましたので、改めてご紹介します。

 

【 1F 】

1f

なぜ?軽自動車しか駐車できない?

何も無理やり玄関横に便所を持ってこなくても ・・・。

 

【 2F 】

2f

このフロアは問題外 ・・・ 何もコメントできません。

 

【 3F 】

3f

おぉ、3階は我が家よりも広いな。ごく普通な感じ。

 

しかし同じ敷地条件でありながら、ここまで違いが出るとは。

もちろんこれは建売用の経済設計ですが、これで建てて売れるのだろうか?“標準仕上げ・設備表” なるものもありますが、これまたツッコミ所満載です

 

設計の依頼先は慎重に選びましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

新築計画の余波。

普段、“合理性” とか “機能性”、“コストパフォーマンス” を重視して物選びをするメンドクサイ男なのですが 、このところの新築計画でその心構えが揺らいできました。

その兆候か?勢いあまって購入したものがコレ↓ 

Rimg0033

あこがれの掃除機、ダイソンが我が家にやってきました。

身近にいる所有者から “音がうるさい” だとか “でかくて重い” とか、いろんな悪い話を聞きますが、ちょっとずつ改善されている & それを超えてあまりあるかっこよさで

「欲しいもんは欲しい!」

そんな投げやりな気持ちで、勢いあまってしまいました

これまでの私の性格では、絶対に選ばないシロモノ。

ここに至るまでの経緯はありまして ・・・。

 

掃除機を選ぶにあたって、これも新築計画と切り離して考えられません。と言うのも、これまでご覧のように新我が家には収納がほとんどありません。

で、“しまう” のではなく “置いておける” 掃除機がポイント。

また、我が家には愛犬がおり、紙パック方式では溜まった抜け毛がフィルターと化し、その “ナラの毛フィルター” 越しに出てくる排気の臭いが気になります。せっかくなら排気のきれいな掃除機が良い。(実家の “アルの毛フィルター” はもっと酷い 。)

 

ダイソン以外にもいくつか候補が挙がっていました。

 

【 デザイン重視 】

◆ エルゴラピード サイクロン2in1 <エレクトロラックス>

Photo

限定なのか? このピアノ塗装的なカラーがGood。

No,1候補ではありましたが、充電池の持ちに難ありとの談。

 

◆ uzu <メタフィス>

Uzu2

シンプルなデザインではありますが ・・・ このデザイン私的に微妙。

どちらもメインとしては心もとなく、セカンドクリーナーですね。

 

【 排気がキレイ 】

◆ airsis <SANYO>

Airsis

ホースを外して運転すると、空気清浄機にもなるスグレモノ。

 

◆ Cat & Dog <Miele>

Miele_cat 

ペットを飼っているお宅では大絶賛されているとよく耳にします。

 

結局、排気のキレイなデザイン性の高い物 → ダイソンとなりました。使い勝手&機能性で選べば間違い無く日本製なんですけどね、いいんです。インパクト勝負です。

Rimg0060 

この押し出しの強い存在感は他に類を見ません。

 

実際の使用感ですが、新しい物を手にしたアゲアゲ テンションがアバタをうまく包み隠してくれています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

平面詳細図 【3F・ロフト】

さて、その次の3階に参ります。

もしかすると、驚きの狭さで可哀想な気になるやも知れません。

いいんです。私は大満足してますから

3f 

北と南に個室が2つと、トイレがあります。

以上 、それだけです。

ただし、このフロアも断面で見ると一工夫あるのです。

 

2_2

ご覧の通り斜線制限ギリギリいっぱいまでの三角屋根の勾配天井。

高い所で3m以上の天井高がありまして、勾配で広がり感を演出。

低い東側は1.5mも無く、頭を打ちますが ・・・。

で、その反対側の西側高い部分にロフトを設けています。

ロフトと言うか、“高いところにある広い棚” 

人が立って歩くことはできませんが、荷物は置けるでしょう。

この “広い棚” が無ければ、スクエア形状の陸屋根のシュッとした外観(模型①)にできるのですが、収納がほとんど無い我が家にはかなり重宝されるなず。

フジハラ氏の苦悩顔を横目に無理強いして確保しています。

Photo

黄色塗りがロフトの床のある部分です。それ以外は吹き抜け。

一部東(右)端は高さもほとんどないので、どこまで使えるか ・・・。

 

Rimg0037

北側の寝室、もしくは予備室?納戸?子供部屋?衣裳部屋?

北面は一面ガラス張りです 。居室なのにねぇ~

理由は色々とありますが、北の道路を挟んだ向かいは小学校の校庭なので覗かれることはないですし、道から見上げても庇や両壁でうまく視線を遮ることができる(はず)。

何と言っても北に位置する六甲山の稜線 を全面借景にできますからね。

恥ずかしながら一度は「壁にしたい」と要望しましたがフジハラ氏と嫁の反対を受け、確かに一面ガラス張りの方が良いと思い直しました。外観のデザインを考えてもガラスでしょ。

また、クローゼットは建具(扉)をあえて作らず、パイプ&布でコストダウンと使い勝手を一石二鳥。 ↓こんな感じ。

Rimg0054 

 

Rimg0038

例の魅せる階段を上がった先、収納にしたいな~と思いながらも、2階の空間の見え方を優先し、吹き抜けが設けられています。

これ、できあがったら「吹き抜けにして良かった!!」と間違いなく思えるはず。少なくとも今はそう思えます(これも「収納にして」と何度か切望した経緯あり)。それくらい重要な空間の演出です。

家は “平面” ではなく、“空間” で考えましょう~。

 

Rimg0039

南側の寝室。北側の個室と同じく一面ガラス張りです

こちらはバルコニーとして外にも出れます。

 

さて、平面詳細図は以上です。 

3回に分けてざっくりとご紹介しましたが、いかがでしょうか?

客観的に見ての意見をお聞かせいただけましたら幸いです。

 

これから展開図や照明計画、スイッチ・コンセント弱電図など、まだまだまだまだ盛りだくさんですので、乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

平面詳細図 【2F】

先日の1階に続きまして、2階です。

このフロアはリビング、ダイニング、キッチンのみです。

2f_2

上の北側がダイニング&キッチン、下の南側にリビングです。

平面で見ると何の変哲も無い、ワンルームの空間 !?

それがですね、立体的に見ると結構楽しそうな空間なのですよ

 

2

1階の玄関ホールから半階分あがってくると左手のリビング。そこから右手へ5段の幅の広いステップを上がると、ダイニング&キッチン。1mの敷地高低差をうまく活かしたスキップフロアです。

家全体をスキップにするのではなく、1・2階のみをスキップさせることでリビングの天井は3m以上確保でき、低い天井の方が落ち着けるダイニング&キッチンは2.1mの高さ。これがミソなんですよ~

天井のレベルを合わせることで広がり感を出したり、ダイニング → リビングやその逆からの視線をリズムよく遮らずに抜かせることや、リビングから外へ続くテラス、外部まで仕上げを統一した壁面、サッシ枠を見せない大開口、階段を浮遊感のあるデザインにしたりと、文章では絶対に伝わらない様々な工夫が盛り沢山なのです。

何と言ってもこのフロアの優先順位が最も高く、2階至上主義 の家ですから

 

Rimg0031

幅が2,100と狭いながらも我々の生活には必要十分なキッチン。向かいのダイニングテーブルと併せて造作にするか、システムキッチンを入れるか思案中です。

収納がほとんど見られないでしょ?実は色々と隠されています。

右手(東)は一面ガラス張りとなるので、明るさ&開放感はバッチリ。この辺も魅せ場ですね。

 

Rimg0032

約1.8m幅のスキップが5段、蹴上げも全てタイル貼り。要は、階段スペースを取られるとより狭くなるので、その階段をも室内空間として捉えてしまおうとの思惑です。その効果は上記の+αも含めて絶大。

その上、ダイニング → 3階の階段、 魅せます

(↑実は、フジハラ氏から何度か説明を聞きましたが、イマイチどうなるのか良く分かっていません 。パンチングメタルやら、支柱が途中から手摺になって ・・・ とにかくめっちゃカッコイイ、らしい。)

 

Rimg0033

南東が二面、床から天井までガラス張りのリビング。

左手の壁面や床の仕上げを内部と合わせたテラス、右手に微妙に伸びた床など、外部を取り込んだ見せ方、何となくお分かりいただけると思います。

熱いでしょうね~ ・・・ 寒いでしょうね~ ・・・。

床暖房を入れたり、苦し紛れのLow-E断熱複層ガラスを目論んでいます。予算が合えばですけどね

また、壁面にテレビ台を薄いスチール板で跳ね出すようにデザインして造ってもらったり、5.1ch用のサラウンド用スピーカーコードを仕込んだり、熱帯魚水槽用の配置を考えたり、2階至上主義猛進中です 。(嫁は知らないのだが ・・・)

 

ま、どれもこれも予算が合えばですけど。

今が一番楽しい時期です。

この後どんなことになるのか、知ってるくせに知らん振り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

平面詳細図 【1F】

さて、我が家の設計プラン進捗状況をご紹介です。

先日の打合せでもらった平面詳細図。

平面図を公開すると防犯やプライバシー上良くないと言われますが ・・・ このブログを見るヒトはごく限られてますし、どうせ竣工後も常設オープンハウスになるでしょうからプライバシーも盗られる物も何もございません

 

今回は1階です。超狭小ぶりをご堪能ください

1f_3

建築面積は23.57㎡。

敷地面積が39.36㎡で建ぺい率が60%なので、これ以上1㎡どころか0.1㎡の拡大もできない法基準のMAXいっぱいいっぱい

北側の道路が8.0m幅あり、毎日の通勤に利用する阪急の駅に近い北側が正面玄関。駐車スペースは4.5m幅道路に接する南側で、勝手口も設けています。

お気付きの方もいると思いますが、平面で考えると北側の方が道路幅も敷地間口も広いので車の出し入れがしやすい。ですが、実は敷地に約1mの高低差があって現状地盤は低い南側のレベルでほぼフラット。

なので、1m分地盤を上げると余計なコストがかなり掛かりますし、この高低差を活かしたスキップフロアのプランができたので 。幸い、夫婦共に運転技術も気になりませんし、言っても南側道路は4.5m幅あるので無問題。

 

【 玄関周り 】

Photo_2

外観はかっこ良く仕上げたいのですが、それ以上に間近で見る玄関扉は住まいの “顔” となる最重要ポイント。そこで溶融亜鉛メッキ仕上げのスチールフラッシュで作ります(予定)。機能的に考えれば既製品なのですが、ここはこだわりたい所。既製品でシンプルなデザイン性の高いものが出たらいいんですけどね~。

(トステムのエスキューブ44型アヴァントスDDなどは良いのですがこんなに費用出すなら、作るでしょ。)

靴収納は大きく!他に収納がないので靴以外の小物も納められるように。“背板なし”とは、1cmでも玄関を広くするためのアイデアです。背面はFIXガラスなので、ガラスを透明にしてしまうと外から靴が丸見えです 。収納の上下はあけて明かりを取りつつ、浮いているイメージがいい感じ

 

【 浴室周り 】

Photo_3

浴室は普段あれだけユニットバスを勧めながら、在来で作るかユニットバスにするか非常に悩みました。“狭小”であることや“1階”であることを考慮してですので、皆様悪しからず

敷地の斜線制限や構造の梁高、各階の天井高などを考慮した結果、ユニットバスの上下フトコロに必要な高さが確保できず、ハーフユニットバスに。うまくあいだに落ち着きましたね。

Toto_pa22_3

TOTO製 PA22 ハーフユニットのイメージ。“オリエンタルリゾート” を目指す我が家、もちろん壁面タイルは名古屋モザイクタイルの “麻の葉” ですよ W様。VEの順位筆頭ですが ・・・。

脱衣所はかなり狭いので洗濯機の上に棚を設け、その上部は収納棚。必然的にドラム式しか置けません。圧迫感を無くすため、上写真のように脱衣所と浴室をガラス張りにするか思案中です。さぶいやろな ・・・。通常、脱衣所にありそうな洗面は別のところへ。

玄関をどちらか1つにすれば浴室周りを 広く 一般的な広さにできますが、この敷地のメリットを最大限に活かすには、優先順位が 「浴室<玄関」 となりました。でも、上の写真のイメージでいけば狭くても悪くないでしょ?ゆっくりしたいときは、“せせらぎの湯” です。もとい、すずらんの湯と灘温泉です。

 

【 南玄関周り 】

Photo_4

この南玄関が無いと、車を停めてからぐるっと大回りをしないと玄関に行けません。扉を開いて5段のステップを上がり玄関ホールのレベルに。この段差が敷地の高低差。

電気温水器の上の空間は洗面スペース。玄関ホールに剥き出しなので、デザインしてもらって見栄え良く収めたいものです。

トイレの影があるのは、電気温水器のある場所を出入り口とすれば、その場所にトイレが収まるという検討をした跡です。が、現状維持。ちなみに巨大な電気温水器は我が家ではかなりの問題児となるのでガス給湯器に変更し、そこも収納になります。スペースの問題からエコキュートやエコウィルは想定外、小家族では必要無いですし。

その右手、車の後ろの扉を引けば掘り下げた深基礎の空間を利用した地下収納への入り口です。基礎の地中梁が出るのでまっすぐ立って歩くことはできませんが、冬用タイヤくらいは入れられるので重宝しそうです。別名 “お仕置き部屋”

 

【 南玄関へのアプローチ 】

Photo_5

この通り、車と壁の隙間がギリギリなのです。壁芯の寸法で2.57mなので、有効では2.35m程。

今乗っている車の車幅はそんなにないので左の柱いっぱいに車を寄せると、70cm弱はあきますが、将来大きな高級車に乗ることになったらどうしましょう 。ちなみに図面上はアウディのA4を入れてもらっています

その左手の柱も取ることはできますが、全体の柱梁がひと回り以上大きくなりコストもUP。そこまでしなくても ・・・ との判断です。

 

1階は以外と盛り沢山でしたね

後日続いての2階、3階はすぐ終わってしまうかも。

それでもまだまだポストやインターホンの位置等の細かい事や防犯対策、ほとんど無い 外構計画や内外部の仕上げに関しても今後の打合せ事項です。

まだまだ楽しみは尽きません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

水曜どうでしょう PartⅡ

いつの間にか増えていました。

癒しの3点セット。

 

2

以前にご紹介した3点セットを何度も何度も繰り返し観て、ぼちぼち飽きてきたのでしょうね、いつの間にか増えていました。

そう、熱狂的なファンは私ではありません。

前の3巻は貰い物のはずですが、今回は ・・・ !?

 

Rimg0029

Rimg0030

Rimg0028

癒しが必要になった時にでも観させていただこうと思います。

 

よくあるバラエティ番組の作られた感に飽きてきた方、この “水曜どうでしょう” シリーズの手探り感はハマりますよ~。

本当にくだらないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

パソコンの高速化ならず・・・

購入してから5年以上が経つ、我が家のパソコン。

ネットで調べ物をしたり、デジカメ写真を保存したりと、あまり使用頻度は高くないのですが、近頃処理速度が非常に遅く、何気にストレスが溜まるようになってきました。

特に電源を入れた後、立ち上がるまでの時間が

電源を入れて20分程度、他の用事を済ませるくらい。

 

そこで、目にした『驚速 Windows XP』なるソフトを試してみることに。

Photo

触れ込みは、“インストールするだけで、特別な設定なしにWindows XPを速くします。パソコンやよく使うアプリケーションの自動起動高速化、メモリの自動最適化、自動デフラグ昨日などを搭載しています。” との事。

パッケージには何やら “ユーザー登録アンケートより” 、驚きの声と数々の感謝の声が。私、こういうのに弱いのです

 

近頃のソフトは “CD” ではなく、“USBメモリ” なんですね、意外と便利です。

Rimg0007

 

で、その結果は ・・・ 散々たる内容

起動はナゼかあからさまに遅くなりましたし、恐らく何かの設定が自動で変更されるのでしょうか?内蔵のセキュリティが警告を頻繁に出すし。

1週間程度様子を見てみましたが、改善の気配無し。

驚速でのアンインストールとなりました。

残念。

 

アンインストールのあと、導入前と変わってないと思うのですが ・・・ 何だかちょっと速くなった感じ 。ナゼでしょうねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

ボーリング調査の結果

昨日は仕事が定休日。設計の打合せに行って来ました。

そう、プライベートな我が家の打合せは勤務時間外にやってます。

( できるかぎり ・・・ )

仕事サボって自分の家の事ばかりやってるとの噂が立ちそうなので、近頃ちょっと遠慮気味

 

フジハラ氏の事務所にお伺いしたところ、デスクの上に黒い箱が。

ボーリング調査の際に採取した “土質標本” です

Nec_0336

これまで幾度となく、調査後にお客様に 「どうぞ。」 とお渡ししても 「見ても分からないから、いらない」 と邪険に扱われ続けていた ・・・ “土質標本”。

事務所の倉庫にいくつも 放置 保管されている ・・・ “土質標本”。

街の銭湯にも、しかたなしに展示してある ・・・ “土質標本”。

まさか我が手元に来ることになるとは

 

この土質標本を調べることで、地層の状態がわかる(らしい)。

地盤の硬さである地耐力だけでなく、水が出るのか?盛土か?粘土層は?など、建物の基礎や構造を検討する上で非常に重要な情報となる(らしい)。

 

で、その結果 ・・・

晴れて 地盤改良無しでいけるとの結論が

地盤面から1.6m程度、盛土の弱い層があるとの事でしたが、基礎を深くすることで対応。基礎のボリュームが増えるのでコストUPの要因にはなりますが、改めて別に何らかの地盤改良をすることに比べれば、それほどまではいかないだろうとの見解です。

オマケに地下室も復活

 

正直、地盤や構造についてはよく分かってはおりませんが、ひとまず一安心です。

特に構造に関してはマニアック過ぎると言われるほど定評のあるフジハラ氏、信頼してお任せです

 

その後、これまでの1/100の縮尺よりも大きくなった1/50の図面がでてきまして、平面詳細図や断面詳細図をもとに、より細かな打合せをしました。

図面が大きくなり、家が広くなったように錯覚します。

 

その打合せ内容は、追って。

小出しにします~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

超狭小、さらにまた!縮小。

またショッキングな新事実が

敷地の実測測量によると、登記簿上の面積より小さい。

0.03㎡ 縮小。

おかげで11.9坪ではなく、11.89坪になってしまいました

 

ま、ここまでくれば大した違いでもありませんが。

融資の都合では、40㎡と39㎡は大違いですからね、要注意

 

大した違いではないと言いながら、なぜこんな事態になったのか!?

土地売買の際に面積(地積)を確定するのには、登記簿謄本を正とした『公簿取引』と、実際に測量をしたものを正とする『実測取引』があります。

多くの土地ではきちんと測量された地積測量図と共に登記がされているので、改めて測量をする必要は無く、『公募取引』が一般的です。対して、大きな敷地を新たに分筆した土地であったり、測量図が存在しない古い敷地の場合など、謄本上の面積と実際の面積が違う場合があるので、実際に測量を入れての『実測取引』となります。

 

我が土地は区画整理の換地です。

もとの古いゴチャゴチャした街並みを震災後、きれいに区画整理した後の代替地です。よって、測量図の代わりとなる換地図があり、これを正しいものと判断して計画を進めていました。

ただこの換地図は求積表も座標もなく、記載されているのはポイント間の長さと敷地面積のみ。

通常 『公簿取引』の場合、改めて測量の必要が無いので売主も仲介業者もしてくれないのですが、隣家との立会い境界明示の際に、ドサクサに紛れて仲介の福屋工務店さんに現況測量のお願いをしたら快くOKとの返事が 。当日、その測量を元に無くなっていた境界鋲を復元しました。

※様々な噂を聞く “福屋工務店” ですが、我が家の取引では非常に満足のいく良い仲介業務をしていただきましたよ~。

 

それからかなりの時間が経っていましたが、土地の面積・形状がシビアな我が計画。地盤改良方策と共に構造や基礎形状、高さなどの実施設計が佳境を迎えている現在、土地の面積にちょっと疑問が。

「実際は少し面積が小さいのでは?」

フジハラ氏からビビらせる連絡が入り、そこで思い出した測量図を取り寄せたところ、0.03㎡の面積減が判明したのです。

 

ま、この程度の測量誤差は当たり前なんですけどね。

1㎡どころか1cmの誤差も許されない我が計画。

この誤差が命取りにならなければ良いのですが ・・・ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »