« 平面詳細図 【2F】 | トップページ | 新築計画の余波。 »

2009年3月15日 (日)

平面詳細図 【3F・ロフト】

さて、その次の3階に参ります。

もしかすると、驚きの狭さで可哀想な気になるやも知れません。

いいんです。私は大満足してますから

3f 

北と南に個室が2つと、トイレがあります。

以上 、それだけです。

ただし、このフロアも断面で見ると一工夫あるのです。

 

2_2

ご覧の通り斜線制限ギリギリいっぱいまでの三角屋根の勾配天井。

高い所で3m以上の天井高がありまして、勾配で広がり感を演出。

低い東側は1.5mも無く、頭を打ちますが ・・・。

で、その反対側の西側高い部分にロフトを設けています。

ロフトと言うか、“高いところにある広い棚” 

人が立って歩くことはできませんが、荷物は置けるでしょう。

この “広い棚” が無ければ、スクエア形状の陸屋根のシュッとした外観(模型①)にできるのですが、収納がほとんど無い我が家にはかなり重宝されるなず。

フジハラ氏の苦悩顔を横目に無理強いして確保しています。

Photo

黄色塗りがロフトの床のある部分です。それ以外は吹き抜け。

一部東(右)端は高さもほとんどないので、どこまで使えるか ・・・。

 

Rimg0037

北側の寝室、もしくは予備室?納戸?子供部屋?衣裳部屋?

北面は一面ガラス張りです 。居室なのにねぇ~

理由は色々とありますが、北の道路を挟んだ向かいは小学校の校庭なので覗かれることはないですし、道から見上げても庇や両壁でうまく視線を遮ることができる(はず)。

何と言っても北に位置する六甲山の稜線 を全面借景にできますからね。

恥ずかしながら一度は「壁にしたい」と要望しましたがフジハラ氏と嫁の反対を受け、確かに一面ガラス張りの方が良いと思い直しました。外観のデザインを考えてもガラスでしょ。

また、クローゼットは建具(扉)をあえて作らず、パイプ&布でコストダウンと使い勝手を一石二鳥。 ↓こんな感じ。

Rimg0054 

 

Rimg0038

例の魅せる階段を上がった先、収納にしたいな~と思いながらも、2階の空間の見え方を優先し、吹き抜けが設けられています。

これ、できあがったら「吹き抜けにして良かった!!」と間違いなく思えるはず。少なくとも今はそう思えます(これも「収納にして」と何度か切望した経緯あり)。それくらい重要な空間の演出です。

家は “平面” ではなく、“空間” で考えましょう~。

 

Rimg0039

南側の寝室。北側の個室と同じく一面ガラス張りです

こちらはバルコニーとして外にも出れます。

 

さて、平面詳細図は以上です。 

3回に分けてざっくりとご紹介しましたが、いかがでしょうか?

客観的に見ての意見をお聞かせいただけましたら幸いです。

 

これから展開図や照明計画、スイッチ・コンセント弱電図など、まだまだまだまだ盛りだくさんですので、乞うご期待。

|

« 平面詳細図 【2F】 | トップページ | 新築計画の余波。 »

住まい・設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平面詳細図 【3F・ロフト】:

« 平面詳細図 【2F】 | トップページ | 新築計画の余波。 »